青森旅行 その12 -昼食とねぶたミュージアム-

「鶴の舞橋」を見学した後、青森市内に戻って昼食。

市内ではTPP反対のデモをやってました。
(Nikon1 V1+1Nikkor10+30mmで撮影)

161018青森旅行 青森市内 デモ 


昼食は「三ツ石」という海鮮料理のお店。

161018青森旅行 昼食 三ツ石

161018青森旅行 昼食 三ツ石


[▽続き]

卵はホタテの貝焼き用。

「旬の海鮮料理が堪能できるお店」
ということでどれも大変おいしかったのですが、
1日目からずっと同じようなメニュー。
ホタテに刺身に天ぷら、等々。

せっかく青森に来たのだから、
海鮮料理を中心にということなのでしょうけど、
青森だって和食以外にあるでしょうし、
和食にしたってもっと違ったのもあるのではないかと、
妙に思ってしまいました。

161018青森旅行 昼食 三ツ石

161018青森旅行 昼食 三ツ石

161018青森旅行 昼食 三ツ石

161018青森旅行 昼食 三ツ石

161018青森旅行 昼食 三ツ石

161018青森旅行 昼食 三ツ石


隣にあった中華料理屋さん。
龍と鳳凰の装飾がみごとです。
3日の内1回くらいはこういった食事でもいいのでは、
と思います(おいしければ)。

161018青森旅行 隣の中華料理店


さて食事の後は、予定になかった「ねぶたミュージアム」へ。
1日目が八甲田山のロープウェイが大混雑していた為、
時間が遅れてお寺を見られなかった代りだとのこと。

自分としてはねぶたに興味があったのでちょうどよい変更です。


ミュージアムに行く道すがら。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


「A-FACTORY」。
県産食材を使った「食」の工房と販売所。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


ねぶたミュージアム」の中。
「ねぶたの家 ワ・ラッセ」の方が正しいのかも。

2階から見ていきます。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


入っていくと、造りかけの手や。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


金魚のねぶた。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


さらに進んでいくと、
1階に並んだ大型ねぶた(歴代の優勝ねぶた)が見える展望台があります。
こうしたねぶたは初めてで、とても見事です。

太田市(旧尾島町)が弘前市と友好都市の関係にあり、
毎年「ねぷた祭り」が開催されます。
以前に一度見に行ったことがありますが、
弘前のはこうした人形型ではなく扇型。
また違った面白さです。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


スロープを下りて1階に行くと、
途中ねぶたに一番近づくところがあります。

鯛や亀。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


ヘビに猫に子供。
どれも見事。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


大きなスクリーンには実際の祭りの様子が、
写し出されてます。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


さっきスロープで見てきたねぶたを正面から。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


近すぎて全体が入りません。

左側。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


右側。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


LRでパノラマ風に、全体。
鬼と武者の顔がものすごい迫力。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


デザインして、製作して、塗装。
大変手間のかかる作業だと思います。
それに技術も。


ねぶたの製作体験もありました。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


製作手順の紹介。

土台は木。
人形はワイヤーで組まれていて、
交差してるところがずれないように紐で締められています。
中には白熱電球が。

161018青森旅行 ねぶたミュージアム


とても楽しめました。
予定が変わってたまたま見れたねぶたでしたが、
今回の旅行で一番だったかも。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/12/23 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL