レンズ保護フィルターで画質が低下?

前回のエントリで、
「KOWA-500mmに95mm保護フィルターを付けたら、
画質が低下してしまった」
と書きました。

そこで確認のため、
フィルター有り無しでどれくらい画質が変わるか、
AF-S200-500mmを使ってテストしてみました。


そもそも自分が保護フィルターを付けるのは、
文字通りレンズの保護の為です。

いい加減な性格なので、
レンズキャップ外していたのを忘れて、
キャップを外そうとレンズを手で触ってしまったり、
フードを外してる時に振り回してぶつけたり、
海岸で潮風に当たったり、
といろいろレンズに良くないことをやってしまいます。

それに昨年横浜に行った時に、
AF-S70-300mmを持って行ったのですが、
昼食時に椅子の上に置いたバッグ(カメラ、レンズが入った)を、
床に落としてしまいました。

カメラ、レンズともクッションポーチに入れてましたし、
その時はあまり気にしてなかったのですが、
いざ使おうとレンズを出したら、「シャリ、シャリ」と嫌な音。

そしてキャップを外したらフィルターが割れてました。
下の写真がそれ。

170203 67mm レンズ保護フィルター 破損



[▽続き]

レンズの上にも割れた破片が散らばっていたので、
軽く吹いて、なるべく傷つかないようにして持ち帰りました。

クッションポーチに入れてはいたのですが、
多分レンズ先端の角から床に当たったのだろうと思います。

家に帰ってブロアーでレンズ表面をきれいにしてから、
動作チェックをしてみましたが、変形等はなく問題なさそう。
AFの動作も問題なく、その後も使えてます。

フィルターが割れたおかげで、
衝撃のエネルギーが吸収され、
レンズ本体が保護されたのだろうと考えてます。

もしなかったらレンズ先端の変形も考えられ、
保護フィルターは付けておいた方がいいと考えてました。

ただ95mmのフィルターとなるとかなり高く、
AF-S200-500mmにつけてるケンコーのは8,700円くらいだったので、
もっと安いのをと今回2,000円程度の物を購入しました。

ついでなので、割れたAF-S70-300mm用の67mmと、
新規のAF-S DX16-80mm用の72mmも同時購入し、
3つ合わせても3,500円程度ですみました。


では本題の画質チェック。

チェック用のチャートをプリントアウトして壁に貼り付け、
カメラ(D7200)とレンズ(AF-S200-500mm)を三脚にセットし、
テレ端(500mm)にて撮影。

170203 レンズ保護フィルター画質チェック用チャート


距離は4mと2mの2種類。
なぜ4mかというと、室内で太陽光が入る場所では、
この距離が最大だったからです。

フィルターあり(ケンコーのと新規購入の)となしで、
絞り開放でAF-S、セルフタイマーを使用して、
それぞれ2枚づつ撮影していい方を使ってます。

まず4mから。

ライブビューでコントラストAF、フィルターなし。

170203 95mmフィルター 4m コントラストAF フィルターなし


通常の位相差AF、フィルターなし。

170203 95mmフィルター 4m 位相差AF フィルターなし


位相差AF、新規フィルターあり。
拡大するとよくわかりますが、明らかにボケてます。

170203 95mmフィルター 4m 位相差AF 新フィルターあり


位相差AF、ケンコーフィルターあり。
拡大してもフィルターなしとのはっきりした違いはわかりません。

170203 95mmフィルター 4m 位相差AF ケンコーフィルターあり


続いて2m。
順番は4mと同じ。

コントラストAF、フィルターなし。
近すぎたのか少しボケ気味(一番ピントが合うと思ってたのですが)。

170203 95mmフィルター 2m コントラストAF フィルターなし


位相差AF、フィルターなし。

170203 95mmフィルター 2m 位相差AF フィルターなし


新規フィルターあり。
やはりボケてますが、4mの場合よりボケが少ないか。

170203 95mmフィルター 2m 位相差AF 新フィルターあり


ケンコーフィルターあり。
4m同様、なしとの違いはわかりません。

170203 95mmフィルター 2m 位相差AF ケンコーフィルターあり


結果としてはやはりフィルターによっては、
「描写が甘くなることがある」ということがわかりました。
特に距離が遠くなるとその傾向が強くなるようです。

ケンコーのフィルターは、
「95 S MC プロテクター NEO」という製品ですが、
これだと付けても画質に影響はほとんどなさそうで、
通常使用には付けてても問題なさそうです。

単なる素通し(コーティングはされてますが)のガラスで、
こんなに違いがあるとは思いませんでした。

今回購入したフィルターも、
フィルターを見ただけでは特に異常は見られず、
ごく普通のフィルターでした。

ただ今回これの為にケンコーのホームページを見ましたが、
新発売の「ZX プロテクター」には、
「ガラスの平面性によって歪が生じる」とのコピー。

「ZX プロテクター」は「フローティングフレームシステム」で
極めて高い平面性を実現したそうです。

一般的なフィルターとの比較があり、
今回のような現象を取り上げてますが、
まだ95mmは発売されてません(82mmまで)。
86mmと95mmは2017年2月10日に発売されました。
でも高いです。


いずれにしても大事なものを撮りたいときには、
フィルターは外した方がよさそうです。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2017/02/03 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL