急速充電スポット イオンタウン水戸南

涸沼に車中泊しながら「オオワシ」の撮影に行った時、
イオンタウン水戸南」で急速充電させて頂きました。

涸沼からは6kmほどの距離があり、
車中泊の為また戻って来ることを考えるとちょっと遠いです。

ただ涸沼の周りにはスーパーが見当たらなかったし、
夕食及び翌日の朝、昼食分も買う必要があったので、
買い物中に夜用の充電をさせて頂きました。

ここは「イオンタウン」という名前になってますが、
イオンのスーパーはなく、系列の「カスミ」が入っていて、
「イオンモール」とは少し形態が違うようです。
(D7200+AF-S16-80mmで撮影)

170225イオンタウン水戸南 急速充電


着いた時には既に薄暗くなってましたが、
運よく誰も充電してなく、すぐに充電することが出来ました。

急速充電器が向かって右側、
普通充電気が向かって左側、
それぞれ1台ずつあります。

170225イオンタウン水戸南 急速充電


[▽続き]

充電種テーションの案内。
時間は9時から20時まで。
急速は30分/回、普通は60分/回で、
どちらも無料です。

今ほとんどのイオンが有料(WAON認証)になってますが、
ここは無料のまま、珍しいと思います。

有料でもイオンの場合は比較的安い(ガソリン代とほぼ同じ)ので、
車中泊等で電気を使いたい場合には利用したいと思います。
(買い物する必要があればなおさら)

170225イオンタウン水戸南 急速充電


充電器。
普通充電気はパスワードの入力が必要ですが、
充電器の上にパスワードが書いてあります。

今回急速充電中に写真を撮ったり、
車中泊の準備で室内を整理してたら、
あっという間に30分経ってしまったので、
買い物中には普通充電もさせて頂きました。

170225イオンタウン水戸南 急速充電

170225イオンタウン水戸南 急速充電

170225イオンタウン水戸南 急速充電


こちらは翌日の帰り。
無料なので、帰る前にもう一度充電させて頂きました。

この時は先行でリーフが充電してましたが、
残りが10分くらいだったので、待たせてもらいました。

その後リーフと交代して充電してたら、
リーフのドライバーがやってきて、
「今度プリウスのPHVが出ますよね」と。

どうやら、
「プリウスPHV」が発売されると、
急速充電器を使える車が増えることで発生するであろう、
急速充電器の順番待ち問題を危惧してる様子でした。

今までのは急速充電器が使えなかったので、
いくら売れてもリーフには関係なかったのですが、
今回のは急速充電器が使えるし、
トヨタですから仮に販売不振だったとしても、
三菱よりは売れるでしょうから、
外で急速充電する車も増えてくるでしょう。

170226イオンタウン水戸南 急速充電


今でも「PHEV」がいて待つことがあるようで、
今後待つことが増えるのを相当気にしてるようでした。

曰く、
「我々のは充電しないと車動かないので」
と。

「でも、1回(30分)充電すれば80%くらい入るんでしょ。
それで150kmくらい走れるのだからいいんじゃない。
PHEVは同じ80%でもせいぜい40kmくらいだから」
と言うと、

「いやいや、今回30%からやって30分で80%になる程度」
とのこと。

でもそれはPHEVでも同じ。
(言わなかったけど)

PHEVの場合は混んでるのを待つより、
ガソリンで走った方が効率的と考えれば、
待ってまでは充電しないし、
プリウスPHVもHV走行での燃費が元々いいので、
わざわざお金と時間をかけてまで充電するメリットはなさそうです。

その点リーフはバッテリーが無くなったら、
充電せざるを得ないのは確かなので、
問題はもっと深刻なのでしょう。

ところで、
リーフの充電プランというと月額2,000円で使い放題なので、
PHEVやプリウスPHVがあまり利用しないであろう、
有料の急速充電器を利用すればいいのではと思い、
日産の充電プランを見ましたが、
月額1,000円の「つど課金プラン」(急速15円/分)
もありました。

あまり遠出をしないドライバー(ほとんどが自宅充電)は
こちらを選択する可能性もあるでしょう。
(となれば無料があれば、そこで充電したくなる?)



いずれにしても、無料充電施設は別で、
こういうところはこれから必ず混むと思います。
今は待ってもせいぜい1台なので、
少し待つ気になれば充電出来ますが、
これからはどうなるのでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2017/03/08 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL