固定電話の更新 Panasonicコードレス電話機 VE-GDW54D

以前から事務所で使ってる固定電話機のバッテリーが劣化してきて、
ちょっと長話をしてるとバッテリー切れの警告音が鳴るようになり、
時には切れてしまってかけ直さなければならなくなることも…。

これではあまりにもお客様に失礼なので、
電話機のバッテリーを交換することに。

とは言え今使用してるバッテリーも最初のがダメになったので、
バッテリー単体で購入したもの。
それから2年ちょっとくらいしか経ってないでしょうか。

ずいぶん早く劣化してしまったものだとは思いましたが、
この手のものは使い方によっても消耗の度合いが違うので、
致し方ない部分もあります。

またバッテリーだけ購入しようかとも考えましたが、
本体の購入から時間が経ってるので、
最新の電話機の機能や価格がどうなってるのかも気になり、
いくつかのメーカーのカタログを見比べてみました。

そしてその時に気になったのが、
パナソニックのコードレス電話機「 VE-GDW54D」です。

この電話機で何が気になったかというと、

『自宅で』お手元のスマートフォンが自宅電話の子機になる」。

『外出先で』本機にかかってきた電話を、
スマートフォンや携帯電話に転送できる(外で通話)
」。

という2つの特長。価格もそんなに高くはありません。

 


[▽続き]

これだったら子機がないタイプでもスマートフォンが子機代わりなって、
発着信が出来るので便利です。

もっとも発信についてはドコモの「カケホーダイ」プランにしましたから、
今では全てスマートフォンから掛けるようにしています。
そんな訳で以前紹介したひかり電話の電話機として使えるというアプリ、
AGEphone」はもう使わなくなってます。

それに現在外出先への電話転送用として、
NTTの「ボイスワープ」サービス(月額500円)に入っているのですが、
この電話機にすれば同じことが出来るので、
「ボイスワープ」が不要になります。

月額500円はそれ程高くないと思って加入したのですが、
考えてみれば月額500円は年間で6,000円になりますから、
子機がないタイプ(スマホが子機代わりになるので)だったら、
2年も使えばバッテリー交換するより安上がりになります。

ただこの機能を実現するためには、
IP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」への申し込みが必要で、
そこのアプリ「SMARTalk」をスマートフォンにインストールしなくてはなりません。
申し込みもアプリも無料だし、
受話のみであれば費用発生もない(月額基本料0円)のでいいのですが、
(正しくはインターネットを利用するのでパケット代はかかります)
IP-Phoneというのが少し気になります。

というのもインターネットを利用したIP-Phoneは、
品質に問題があるような情報を聞いたことがあるし、
Panasonic以外のサービスを使用してるので、
先々まで安定して(仕様が変わるとか)無料で使えるのかが心配です。

でもAmazonのレビューを含めたネットでの評判を調べると、
通話品質は特に問題もなく、使い勝手もよさそう。
それに転送された電話に出られなかった場合、
留守録(音声ファイル)をスマートフォンにメールしてくれるサービスもあるので、
これも便利そう。

「FUSION IP-Phone SMART」との連携がいつまで続くかはわからないですが、
そういうこと考えてもきりがないし、2年くらいは使えると信じて、
購入することにしました。


実際に購入していろんな設定をしましたが、
取説の通りにすればそれ程難しくもありません。

スマートフォンを子機として使用するにはWifiに接続する必要がありますが、
これもさほど難しいことではないし、
スマートフォンから電話帳を転送出来るので、手入力の必要もありません。
便利です(逆はダメみたいです)。

ただひとつ気になったのは「FUSION IP-Phone SMART」への申し込み。
この電話機のユーザーという申し込みとかはなく一般での申し込みの為、
発信時の決済用としてクレジットカードの登録が必要となります。

「FUSION IP-Phone SMART」のアプリ「SMARTalk」を使用した通話も、
特別な設定は不要だし、話してて違和感は感じないし、
普段はバックグラウンドで待機(プッシュ通知)してるだけなので、
バッテリーの消費も少ないです。

「SMARTalk」の画面。
受信専用なので短縮ダイヤルは未設定。
履歴は「FUSION IP-Phone SMART」からの転送なので、
与えられた電話番号(050-xxxx-xxxx)が表示されるだけです。

170425FUSION IP-Phone SMART SMARTalk


着信時の画面。
与えられた050番号を「xxxxxx転送」という名前で電話帳登録してるので、
それが表示されてます。

この画面が出てくるのは転送電話だけですが、
分かりやすくするためそうしてます。

170425FUSION IP-Phone SMART 着信


それと外出先での転送モードにすると、
かかってきた電話は全て転送されるので、
電話機側の留守電モードは機能しません。

なので留守番電話設定は、
「FUSION IP-Phone SMART」側で行う必要があります。

留守番電話設定をした場合の通知メールがこれ。
Yahooメールを使用してますが、
送信相手は050で始まる与えられた番号で、
着信日時、録音時間の他、
録音メッセージも添付されてます(WAVファイル)

170425FUSION IP-Phone SMART 留守番電話サービス


ただ外出先での転送モードの場合、
基本的に本体の電話機に着信すると同時に、
スマートフォンにも着信するので、
転送モードにしておくとスマートフォンが、
子機として扱えることにもなります。

その場合電話機側で応対すると、
不在着信としてスマートフォンに履歴が残ってしまいますが…。

ということで常に転送モードにして、
子機として使えるPanasonicのアプリは使ってません。

もっとも通話の安定性を考えて、
外出先以外では電話機の方で受けるようにしてはいます。

いいことづくめのようですが、
使っててたったひとつ気になるのは着信音。
Xperiaに入ってる着信音は使えず、
「SMARTalk」専用の着信音。

専用でもちゃんとしてればいいのですが、
訳の分からない音ばかり。
鳴ったことが気にならない音と言えばいいのでしょうか。
着信音には合わない音だと自分は思うのですが…。

おまけに音量がXperiaの着信音より極端に小さくて、
注意してないと気が付かないレベルです。

ネットで検索しても音量に関する情報はないので、
Xperia XZだけの問題なのかもしれません。

170425FUSION IP-Phone SMART SMARTalk 着信音選択


問題は少々ありますが、
全体としてはこれで正解だと思います。
保険のためしばらく併用してたNTTの「ボイスワープ」も、
解約しました。

 
関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2017/04/28 21:23 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL