D500修理 AF再調整

今年になってから始めAたD500 ですが、
先日AFが不調になってしまいました。

AF-S70-300mmで飛んでる鳥を撮影してた時に、
鳥をフレームのほぼ中央に捉えてるはずなのに、
ピントが抜けて最近端近くで止まってしまいました。

今までだと一旦ピントが外れても一往復して、
最終的に無限遠端で止まるので、
目標を再確認してもう一度AFボタンを押して、
合わせ直すという感覚でした。

それでボケたままもう一度AFボタンを押したのですが、
全く動いてくれません。
これは今までにない感覚でした。

付けていたレンズは以前落としたことのあるレンズだったので、
とうとうレンズが故障してしまったのかと思い、
AF-S16-80mmに変えたのですが結果は変わりません。

それで今度はカメラをD7200に変えて撮ってみると、
こちらは今までと同じ。
ということはD500がおかしいということ。

で、ニコンの新宿サービスセンターに持ち込みました。


[▽続き]

オートフォーカス作動不具合
ピント精度点検・調整
イメージセンサー(ローパスフィルター)清掃


という内容で調整(工場で)してもらうことになったのですが、
以前から何度やってもうまくいかなかった「AF微調節の自動設定」について、
正しいやり方を知りたくて聞いてみたところ、
自分がやってたやり方で問題はないとのこと。

それで調整内容に、
AF自動微調整値バラツキ点検(入力値がその都度変化する)
を追加しましょうということになりました。

それとついでなので落としたAF-S70-300mmの点検もお願いしました。
結果としては全く問題がないとのこと。
やはり保護フィルターが割れたことで落下エネルギーが吸収されたようです。

工場送りとなったD500は10日ほどで帰って来ましたが、
部品交換はなく、全て点検調整で済んだようです。

処置内容は
AF精度点検調整を致しました
ピント点検調整を致しました
ローパス清掃を致しました
AF自動微調整の点検を行いました


それと連絡事項として、
コントラストの高い被写体でAF自動微調整を行った結果、
大きな変化は見られませんでした

と書かれてました。


戻ってきたD500がどうなってるか試してみましたが、
AFは問題なく今までの感覚に戻ってました。

それとAF自動微調整についても再度試してみましたが、
こちらは今までと違ってバラツキはあるものの、
今までのような大きく値が変化して定まらないという状況ではなく、
誤差が4くらいに収まるようになりました。

ということは最初からAF関係が少しおかしかったのかも知れません。
まだこれで写真を撮りに行ってないので、
実際にどうなってるかはわかりませんが、
この連休中に出かけて写真を撮ってこようと思ってます。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2017/05/01 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL