レッドブルエアレース千葉2017 決勝ラウンド14

レッドブルエアレース千葉2017決勝ラウンド14で撮った写真。

ラウンド14で敗退した選手。

最初はニコラス・イワノフ選手。
第1ヒートでマット・ホール選手と対戦し、
2秒のペナルティーを受けて58.057秒。

この機体のカラーリングが好きなのですが、
早くに敗退して残念でした。
(D500+AF-S200-500mmで撮影)

170604レッドブルエアレース千葉2017 イワノフ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 イワノフ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 イワノフ選手のラウンド14


[▽続き]

170604レッドブルエアレース千葉2017 イワノフ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 イワノフ選手のラウンド14


第2ヒートは室屋選手とペトル・コプシュタイン選手が対戦し、
もちろん室屋選手が勝ち残ったのですが、
タイムは室屋選手が55.590秒だったのに対し、
コプシュタイン選手は55.597秒と僅か0.007秒差。

なので仮にコプシュタイン選手がもっと速くて、
室屋選手が負けたとしても、ラウンド8には進めたことになります。

結果はコプシュタイン選手がラウンド14で敗退した選手の中で最速となり、
ラウンド8進出となりました。

第3ヒートはフアン・ベラルデ選手がカービー・チャンブリス選手と対戦し、
ミスはなかったものの57.012秒で敗退。

170604レッドブルエアレース千葉2017 ベラルデ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ベラルデ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ベラルデ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ベラルデ選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ベラルデ選手のラウンド14


第4ヒートはマルティン・ソンカ選手とミカエル・ブラジョー選手が対戦し、
ミカエル・ブラジョー選手が56.037秒で敗退(ペナルティーはなし)。

マルティン・ソンカ選手がラウンド14最速の54.787秒だったので、
しかたないところ(相手が悪かった)。

この機体のカラーリングも変わってます。
大体は明るい色を使ってるんですが、
この機体はモスグリーンというか、少しくすんだ緑。

その上に「BREITLING」のロゴも含めて、
縦に赤茶色のラインが入って錆びたイメージが出てます。

面白いです。

170604レッドブルエアレース千葉2017 ブラジョー選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ブラジョー選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ブラジョー選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ブラジョー選手のラウンド14

170604レッドブルエアレース千葉2017 ブラジョー選手のラウンド14

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2017/06/12 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL