圏央道 高尾山IC-鶴ヶ島JCT 動画

圏央道に新しく開通した高尾山ICの様子を動画で紹介します。

最初はあきる野ICから高尾山IC出口まで、
続いて高尾山ICから関越道鶴ヶ島JCTまでです。

DMC-TZ30を車のダッシュボード上のカメラスタンドに固定して撮りましたが、車の振動を拾って結構揺れてます。
IC、PA以外はただ見ていてもしょうがないので、12倍速で再生しています。

高尾山IC出口方面はPSHモード、高尾山ICから鶴ヶ島JCTまではFSHモードで撮影してます。
オリジナルはPSHモードの方が気持ちきれいに見えますが、それ程大きな差はありません。
通常は、FSHで充分だと思います(あくまで、個人の主観です… )。
アップした動画は30FPSにしていますから、違いはわかりませんが… 。

Oregon450も当然持って行きました。
いどんなっぷさんの地図をインストールしてますが、さすがに高尾山ICはありません。
圏央道はあきる野まででした。

20120527圏央道高尾山IC付近のトラックログ


今回の撮影にも、DMC-TZ30用バッテリーDMW-BCG10の互換バッテリーを使用してます。
片道撮って、やはり目盛りが一つ減って2になるくらいです。
撮影時間を考えても、特に純正との違いは見られません。
何回か充電も繰り返してますが、全く問題はありません。
いいと思います。互換バッテリー。安いし。

ただ、両方のバッテリーを使った場合の充電方法には問題が残りますね。
使用量の少ない方のバッテリーから充電しますけど、それでも2時間くらいはかかりますし、全ての撮影が終了しないと充電出来ないのがネックになります。
例えば、旅行に行って昼間の景色を撮るのに一つ目のバッテリーを使い切ったとします。
その後、ホテルに行ってカメラを使わなければ充電できますが、食事の様子(宴会の場合もあるでしょう)や料理を撮ったとすると、それが終わってから2個のバッテリーを順番に充電しなくてはいけないので、無理があります。
私の場合、こういう時たいてい酒が入ってますから、不可能ですね。
1個を充電したまま寝てしまうのが、関の山です。

となると、バッテリー単体の充電器が必要になりますね。
(アマゾン見たけど、品切れでした… )


動画は時間も長く、データ量も多いですが、興味ある方は見てください。
例によって、バッファに溜まるまで時間がかかりますから、当ブログの記事や他のサイトを見るなりして、気長に待っていて下さい。

[広告] VPS



関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2012/06/03 10:20 ] デジタルカメラ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


まとめtyaiました【圏央道 高尾山IC-鶴ヶ島JCT 動画】

圏央道に新しく開通した高尾山ICの様子を動画で紹介します。最初はあきる野ICから高尾山IC出口まで、続いて高尾山ICから関越道鶴ヶ島JCTまでです。DMC-TZ30を車のダッシュ
[2012/06/07 09:46] URL まとめwoネタ速neo