スマホを「Xperia XZ SO-01J(Docomo)」に更新

昨年末にスマートフォンを、
ドコモの「Xperia XZ SO-01J」に更新しました。

その前のは同じドコモの「Xperia GX SO-04D」。

2012年の9月購入なので、今から4年以上前。
最近ではバッテリーの減りが早く、
アプリを立ち上げるのが遅いという状況。

アプリのアップデートでも
「ストレージの容量不足でバージョンアップ出来ません」
なんて表示が出てエラーになることも。

常に充電してないとダメで、
メールを見るだけでも時間がかかるし、
地図を使うアプリなどは使用可能になるまで、
延々と待たされます。

それでそろそろ更新しなければと思っていたところに、
「iPhone 7」。
(ここまでの話は2016年9月30日のエントリで書きました)

そして結局「Xperia」への更新です。

170109Xperia XZ SO-01J

web拍手 by FC2

[ 2017/01/09 10:50 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

次のスマートフォンはiPhone 7?

今使ってるスマートフォンはSONYの「Xperia GX SO-04D」。
初めてのスマートフォンで、購入したのは2012年の9月。
ですからちょうど4年間使ってることになります。

一般的に言って同じスマホを4年間使い続けているのが、
長いのか、普通なのか、よくわかりませんが、
最近バッテリーの持ちが悪くなってきたように感じます。

それに待機状態からロックを解除して使い始める時に、
アプリが立ち上がるのに時間がかかる気もします。

旅行の時よく使った「EVsmart」なんか、
地図と充電スポットが表示されて使えるようになるまで、
かなり待たされるので、いらいらします。

アプリもバージョンアップされるにつれ機能も追加されるので、
データも大きくなり、処理能力も高いのが必要になってくるのでしょう。

アプリのバージョンアップ時に、
「ストレージの容量不足でバージョンアップ出来ません」
みたいな表示が出てエラーになることも。

そんなにたくさんのアプリは入れてないし、
ゲームは一切しないのに…。

ということでそろそろスマートフォンを新しいのにしようかと、
思っています。


web拍手 by FC2

[ 2016/09/30 21:23 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

電気自動車用充電スポット検索アプリ -EVsmart-

最近EV用の充電器が設置されてる場所に行く時に使ってるスマートフォンアプリがあります。それが「EVsmart」。

今まではパソコンで充電出来る場所を調べてから、そこの名前を「NaviCon」で検索してPHEVのナビ(MMCS)に送るというやり方をいていて少々めんどくさかったのですが、このアプリを使うと地図上に表示されるアイコンから「NaviCon」を経由してナビに送れるので、ずいぶんと楽になります。

下の画面が「EVsmart」の充電スポット検索画面です。
ベースの地図はグーグルマップなので見易く、充電スポットのアイコンもカラフルでわかり易く表示されます。
ディーラーかどうか、24時間対応か、急速充電か、普通充電か、などなど。

そしてアイコンをクリックすると、名称とそこまでの距離が表示されます。
表示されてるのは先日行った「イオンモール佐野新都市」で、28kmと出ています。

150909EVsmart 充電スポットの地図検索画面


web拍手 by FC2

[ 2015/09/09 21:23 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

NaviConを使ってカーナビに目的地を送る

NaviCon(ナビコン)」というのはスマートフォン用の無料アプリで、
カーナビに目的地をセットする時に予めスマートフォンで探しておいて、車に乗った時に目的地を転送することが出来ます。
目的地を転送するだけなので、実際のルート探索、決定はナビが行います。

アウトランダーPHEVのMMCS(「三菱マルチコミュニケーションシステム」でナビを含んだシステム)の使用説明書を見ていたら、
「目的地の設定」の中に「スマートフォンから探す」という項目があり、そこで紹介されtました。

車に乗ってから初めて行く目的地を設定する場合、ジャンル、住所、名称などいくつかの項目をキーにして捜すことは出来ますが、時間はかかるし、文字の入力は不便だし、結構めんどくさくてやる気がしません。
でもこれを使うと意外と簡単。
行く場所をネットで検索する要領で目的地が探せるし、転送も簡単です。

下の画面が「NaviCon」を立ち上げた時の表示です。
最初「運転中に操作しない様に」との注意書きが表示されます。

150603NaviCon スタート画面


web拍手 by FC2

[ 2015/06/03 21:23 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

QNAP TurboNAS用モバイルデバイスアプリ Qfile

QNAP TurboNAS「TS-469Pro」を使いだしてから、ネットワークの速度やバックアップに一部問題が残ってはいるものの、だいぶ落ち着いてきました。

そこで、スマートフォン用のデータ(特にマルチメディア関係)もQNAP TurboNASで管理することにしました。
QNAP TurboNAS導入前はクラウドストレージ(Google DRIVEやDropboxなど)を使ってたんですが、容量に問題があったり、使い勝手が悪かったり、挙句には突然サービスが終了してしまうなど、思うように使えるものがなく(2013年8月9日のエントリー)、現状で使っているのは「Dropbox」と「Google DRIVE」だけになってます。

QNAPには「Qfile」という専用のアプリがあるので、設定も簡単で、データをアップロードする必要もない(当然ですが)ので、使い勝手もなかなかいいので、自分の中ではこれからの主流になっていくと思います。

インストールと設定ですがQNAPのサイトに詳しい説明がありますから、そちらを見て下さい。

下の画面左は管理画面ですが一度設定してしまえば、特に意識することなく自動的にログインして右の画面になります。
QNAPの設定でログインしたIDで許可されたフォルダのみが表示されます。

140620Qfile 管理画面   140620Qfile ログイン後のフォルダー表示


web拍手 by FC2

[ 2014/06/20 21:23 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)