エアフェスタ浜松2018 -展示飛行 T-7,F-15,F-4,T-4-

「エアフェスタ浜松2018(浜松基地航空祭)」の展示飛行。

展示飛行は、プログラムによるとオープニングの「T-4」から始まり、「T-400」、「UH-60J」、「U-125A」、「E-767」と続いてましたが、着いたのが遅かったので「U-125A」までは見られず、「E-767」は行く途中のシャトルバス内から見ることが出来ました。

会場内から見ることが出来たのは初級練習機「T-7」(富士重工業製)の航過飛行からです。

手荷物検査が終わって会場に入った時には既に飛行が始まっていたので、これを撮ったのは会場の西側で、装備品の展示場あたり。

181125エアフェスタ浜松 展示飛行 T-7
(D7200+AF-S16-80mm)

181125エアフェスタ浜松 展示飛行 T-7
(D500+AF-S200-500mm)




[ 2018/12/10 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

エアフェスタ浜松2018 -基地への往復と地上展示-

11月25日「エアフェスタ浜松2018(浜松基地航空祭)」を見に行ってきました。

今年は入間か百里に行こうと考えていたのですが、どちらの日も外せない用事が出来て行けなくなったので、少し遠かったのですが浜松まで出かけてきました。

車で行くことにしたのですが、ここもかなり混む(今年の入場者数は13万人だったそうです)のと、基地内の駐車場は事前抽選制(行くと決めた時には既に終了)で、基地への交通は浜松駅からのシャトルバスしかありません。とても駅から歩ける距離にはないので、駅近くの駐車場に停めてバスで行くことにしました。

初めての場所なので少し早めに行くつもりだったのですが、意外と時間がかかってしまいました。駐車場は事前に検討していた「市営駅北駐車場」。駅にから少し離れてますがシャトルバスの乗車券売り場に近く、駐車料金も安かったからです。

この駐車場に決めたもう一つの理由が収容台数が815台と多く、24時間営業だったこと。でも自分が着いた時には下の階はすでに満車。やっと6階で開いてる場所が見つかり停めることが出来ました。

シャトルバスの乗車券売り場は長蛇の列。それでも回転が速いので時間的にはそれ程待たされずに済みました。チケットは片道分500円(遠鉄百貨店での100円クーポン券付)、往復分として2枚購入(遠鉄百貨店での100円クーポン券付)。

181125エアフェスタ浜松 浜松駅から基地へ

181125エアフェスタ浜松 浜松駅から基地へ


乗車券購入後はシャトルバスの順番待ち。こちらも長い行列が出来てました。

181125エアフェスタ浜松 浜松駅から基地へ




[ 2018/12/07 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

長崎・佐賀・福岡旅行 2日目 その9 -2日目のルートをグーグルマップに表示-

1日目と同様、GARMINのハンディGPS OREGON450で取ったGPSログを移動経路としてグーグルマップ上に表示しました。途中で観光したところや食事をしたところもポイントとして写真付きで表示させています。

今回事故渋滞に巻き込まれて福岡に着くのが遅れたせいか、途中でバッテリーが切れてしまいました。バッテリーが切れたのはちょうど事故渋滞でバイパスから一般道に下ろされた辺り。なので本来ならそれ以降ルート表示は出来ません。

でも今回スマートフォンでグーグルのタイムラインを記録していたのでそちらのデータから復元をしました。

スマートフォンでログが取れるのであれば、わざわざハンディGPSを使う必要が無いように思いますが、グーグルの方は多くの情報を収集するためデータの精度を荒くしています。調べてみましたが、この精度を変更することは出来ないようです。

今回グーグルマップに表示したログで、嬉野の旅館を出発してから秘窯の里大川内山に到着するまでの間だけ2つのログを表示させています。赤い線がOREGON450のログ、灰色の線がグーグルのログです。見るとわかりますが、グーグルの方はかなり測定ポイントが少なく折れ線になっていて、これだと移動経路を示す線としては使えません。

バッテリーが切れて、一般道に下りてからホテルに着いて屋形船で食事した間(紫色の線)はグーグルのデータを使用していて、やはり元々は荒かったのですが、これではどうしようのないので、グーグルマップの編集機能を使って道路上を動いたようにポイントを追加して、OREGON450と同じに見えるように修正しています。

気になるのは事故後の動きですが、一般道に下ろされてから海岸線の道路(202号線)に出るまでかなり時間がかかりましたが、ここはすぐ手前に筑肥線の踏切があり、福岡に向かう202号線自体も渋滞していたので、右折があまりはけなかったせいだと思います。202号線に出てからは一旦逆歩行に向かい、「姉子の浜」でトイレ休憩してまた戻り、その後最初に乗っていたバイパスに戻ってから福岡に向かってます。






[ 2018/12/05 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)