野鳥の撮影 Nikon 1 V1 その1

今回は別の場所。

Nikon 1 V1にAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDをつけて、
野鳥の撮影に行ってきました。

今回はなるべくシャッタースピードが上がる様に撮っています。

画像は全て適当な大きさにトリムして、
1200×800にリサイズしています。



ここの池も浅く、水の流れが少ないところは凍っています。
セグロセキレイが凍った水面を歩いていきます。

セグロセキレイ-NIKON-70-300-V1
セグロセキレイ ISO640 F5.6 SS1/1250 300mm


大きな池にはカモ達がいます。
泳いでいるのもいましたが、大半は首を後ろに向けて背中に乗せ、
休んでいます。
中には、陸に上がって休んでいるのもいました。

オスの頭の緑と黄色のくちばし、
羽毛のテカリ具合がとてもきれいでした。

鳥は大抵オスのほうが色鮮やかですね。
それに対し、メスのほうは地味です。

マガモ-NIKON-70-300-V1
マガモ ISO800 F5.6 SS1/1250 300mm


さらに歩いて森のほうに行くと、
歩道の脇でシジュウカラがエサ(?)をつついていました。




[ 2013/01/30 20:12 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

NIKON FT1 と70-300mmズームレンズ

ペンタックス用レンズだとアダプターをつけても、
ピントも絞りもマニュアルでしか撮影出来ないので、
私の技術では動いている物をまともに撮影するのは無理そうです。

それでどうしてもAE、AFが可能な望遠レンズが欲しくなって、
とうとう買ってしまいました。

買ったレンズはニコンの
「AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED」
と、マウントアダプター「FT1」。

買ったと言ってもどちらも中古ですが… 。



レンズです。カメラのキタムラで購入。
手振れ補正機構(VRⅡ)がついているので、TAMRONのレンズよりさらに重いです(745g)。

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED


こちらはマウントアダプターの「FT1」。Amazonのマーケットプレイスで購入。
左がレンズ側、右はカメラ側から見たところ。下が大きくなっているのは三脚座。
カメラ(V1)の三脚座を使用すると、マウントに負担がかかってしまうからでしょう。

NIKON FT1 レンズ側  NIKON FT1 カメラ側


全部(フードも)つけるとこんな感じ。
どっちがメインかわからないくらいカメラが小さいです。

レンズとFT1とカメラをセットした状態


早速これを持って、野鳥を撮影に行ってきました。




[ 2013/01/28 21:46 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

カメラ内部にゴミ? -LUMIX DMC-TZ30-

最近、「LUMIX DMC-TZ30」で撮った写真に気になる事があります。


下の写真は、先日望遠のテスト用にアンテナを撮った時のものですが、
アンテナの左上の方にいくつか黒い斑点が入ってます。

ゴミ確認写真 アンテナ撮影


他の写真を見ると、しばらく前からの様です。
同じところに入ってますから、ゴミだと思うのですが、
レンズの前面を見てもよくわからないし、
軽く拭いてみましたが変化はありません。

ネットで調べてみると、
このタイプのカメラの場合、電源の「ON」「OFF」でレンズが出入りする為、
その都度、空気もカメラ内に空気も出入りし、ゴミが入りやすいようです。

白っぽい背景で、撮影してみました。

下の写真の上がワイド端、下がテレ端での撮影です。
黄色の丸の中が一番大きく目立つ斑点です。(画像処理で強調しています)

ゴミ確認写真 DMC-TZ30 ワイド端
ワイド端


ゴミ確認写真 DMC-TZ30 テレ端
テレ端(線状の模様は、ブラインドの影です)


ワイド端ではボケてはっきりしませんが、テレ端になるとはっきりしてきます。
下の方にも小さいのが何点も確認出来ます。

ちなみに、レンズの直前に物を置くと、ズームアップする程、
ボケてきますから、レンズの前にゴミがついたのではないようです。

いずれにしても、ズームを変化させると斑点のボケ方が変わるので、
映像素子の不具合でも、素子へのゴミの付着でもないようです。

ということはレンズ内部の問題(ゴミ?)のようです。

昨年の5月くらいから使いだして8ヶ月程が経過している訳ですけど、
逆にいえば、まだ1年も使ってないのに、どうして?って言う感じです。

フィルム時代も含めてカメラ本体やレンズにゴミが入って斑点が出来た事は
一度もなかったので、どうしたらいいかわかりません。

未だ保証期間内なので、通常使用での故障だったら無償修理になるはずですが、
これって故障なのかが問題。
ゴミだとすると、使い方の問題ってことにもなりそう… 。

確かに、毎日かばんに入れて持ち歩いてますし、
扱いも特に丁寧という訳でもない(てゆうか、どちらかと言うと雑)ですが、
一応普段はクッション性のある携帯用の袋に入れてます。
(プロペラの後流を受けながら、滑空場でグライダーの撮影もしてましたが… )

とりあえず、販売店に相談した方がよさそうです。





[ 2013/01/25 21:45 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 V1で衛星アンテナを撮影 つづき -望遠テレ端-

前回に続いて、Nikon 1 V1で近くの家の衛星アンテナ撮影です。

フィルム時代にペンタックスの1眼レフカメラを使っていた関係から、
ペンタックスマウントの望遠ズームレンズも持っています。

ただ、カメラのマウントはメーカーごとに規格が違うので、
そのままではペンタックス用のレンズはニコンには取り付けられません。
それで、PK-N1用の安いマウントアダプターを購入しました。

Nikon 1には「FT1」というニコンレンズ用のアダプターはあるのですが、
私はニコンのレンズを持ってないので、
とりあえず手元にあるペンタックス用のレンズで試したかった訳です。

アダプターはこんな感じ。
電気接点もないので、AFもAEもききません。
単にセンサーまでの距離を合わせる為の筒です。

ペンタックスレンズ用マウントアダプター1  ペンタックスレンズ用マウントアダプター2


持っているペンタックスのレンズ一つ目は、「smc PENTAX-F1:4.4-5.6 80-200mm」。
昔のですから、手振れ補正はついてません。
絞り調節リングはマウント側、ピント調節リングは先端にあります。
ピントリングはマニュアルだと動きが軽すぎて不安定です。
Nikon 1 V1につけると、ずいぶん大きく見えます。

PENTAX 80-200mm  PENTAX 80-200mmとNikon 1 V1


画像サイズ: L (3872 x 2592)
画質モード: Jpeg Fine (8-bit)
測光モード: 中央部重点測光
ISO感度設定: ISO 200
焦点距離: 200mm

上が全体イメージで、2000x1339にリサイズしています。
下2枚が取り付け部とラベルをピクセル等倍で切り出したものです。

Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F4.7

Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F4.7拡大1  Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F4.7拡大2
F4.7


Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F8

Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F8拡大1  Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F8拡大2
F8


Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F11

Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F11拡大1  Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F11拡大2
F11


Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F16

Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F16拡大1  Nikon 1 V1 テスト PENTAX 200 F16拡大2
F16


完全なマニュアル撮影なので、ピント合わせ用の拡大表示機能も使えないので、
ファインダーで見てもしっかりピントが合っているのかよくわかりませんし、
シャッターを押すと明るすぎたり、暗すぎたりと、1枚撮るのも大変です。

おまけに今もっている三脚だと、このくらいのレンズでも安定しません。
たまにぶれてしまいます。

200mmだとアンテナが全体の38%程度(高さ方向)の大きさに写ります。
これでやっと、DMC-TZ30よりも大きく写るようになります(35mm換算540mm)。

アンテナの型式「BSC45R」という文字もよくわかりますし、
それ以外の部分も読み取れはしませんが、文字が書いてある雰囲気が見えます。
F11のときが、一番はっきりしているようです。




[ 2013/01/23 20:21 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 V1で衛星アンテナを撮影 -望遠テレ端-

Nikon 1 V1で近くの家の衛星アンテナを撮影してみました。

先日、白鳥を取った時にハクセキレイとツグミがあまりに小さかったので、
「1 NIKKOR VR 30-110mm」の110mmがどの程度に写るのか、
他のレンズだとどうなるのかが気になりました。



最初は「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」。110mmで撮影してみました。
三脚に固定して、ぶれないように2秒のセルフタイマーを使用してます。

画像サイズ: L (3872 x 2592)
画質モード: Jpeg Fine (8-bit)
露出モード: 絞り優先オート
フォーカスモード: AF-A
AFエリアモード: シングル
手ブレ補正: ON (ACTIVE)
露出補正: +1.0段
測光モード: 中央部重点測光
ISO感度設定: ISO 100

左が全体イメージで、2000x1339にリサイズしています。
右が取り付け部とラベルをピクセル等倍で切り出したものです。

Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F5.6  Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F5.6拡大
F5.6


Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F8  Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F8拡大
F8


Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F11  Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F11拡大
F11


Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F16  Nikon 1 V1 テスト 1 NIKKOR 110 F16拡大
F16


110mmだと、アンテナが全体の20%程度(高さ方向)の大きさに写ってます。

全体写真ではきれいに写っているようにみえますが、
拡大写真だとラベルに書いてある文字は全く判読出来ないし、
ボルトの頭なども少しボケた印象です。
4枚撮った中ではF5.6の場合が一番はっきりしている様に見えます。

今までこうやって見た事がないので、
この写り具合がどの程度のレベルなのかはわかりません。




[ 2013/01/21 20:48 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 V1で白鳥の撮影

埼玉県深谷市、荒川沿いの白鳥飛来地に白鳥を撮りに行ってきました。

今まで知らなかったのですが、先日近くを通った時に看板を見つけたので、
どんな様子か写真を撮りに行ってきました。

「Nikon 1 V1」に「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」をつけての撮影です。
画質モードは「RAW (12-bit)+ Jpeg Fine (8-bit)」。
露出モードは「絞り優先オート」。フォーカスモードは「AF-A」。
AFエリアモードは「オート」(一部「シングル」)。測光モードは「マルチ測光モード」。
ISO感度設定は「100-400オート」に設定。

結構たくさんいます。
エサをあげている人がいるので、人間に慣れてます。
ですから、アップで撮ることが出来ました。

ただ深谷市のホームページを見ると、
以前は市及び市の観光協会が管理していて、餌付けもしていたようですが、
鳥インフルエンザの問題等もあり、平成20年度から餌付けを廃止し、
その後管理も終了したようです。

そのホームページには一応、
「白鳥に餌を与えないでください」
と書いてあります。

130106荒川の白鳥1  130106荒川の白鳥2
ISO100 80.1mm F5.6 SS1/800           ISO100 110mm F5.6 SS1/500

130106荒川の白鳥3  130106荒川の白鳥4
ISO100 110mm F5.6 SS1/500           ISO280 110mm F11 SS1/250


上の写真をピクセル等倍に切り出してみました。

130106荒川の白鳥3 ズーム1  130106荒川の白鳥3 ズーム2


逆光での写真。
2羽が並んでいる様子がよかったので。

130106荒川の白鳥10
ISO100 110mm F11 SS1/640


飛んでいるところも撮ってみました。




[ 2013/01/18 20:37 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

ヘビの3Dモデリング - Rhinoceros CADCEUS -

今年の正月の挨拶用には今年の干支のヘビの絵を入れました。

このヘビはCAD(RhinocerosとCADCEUS)でモデリングしたものです。
昨年は龍をモデリングしたんですが、ヘビは龍と雰囲気は似ているものの、
龍と比べると角やひげもなく、あまりにも形があっさりとしています。

で、逆に難しく、なかなかこれといったイメージが湧きません。
それに龍は想像上の生き物なので、どう想像してもいいのですが、
ヘビの場合はそうもいきません。

かといって、実物もよく見ていませんので、なおさらイメージが出て来ません。
こんなことなら、タイに行った時に動物園かどこかに行って実物をよく見て、
写真にでも撮ってくればよかったと思いましたが、もう後の祭りです。

そんな訳で、ヘビの中でも特長があるコブラの頭から胴体の途中までを、
モデリングする事にしました。
ネット上の写真をいくつも見て、こんなかなあ?っていう感じ(下の絵)です。

コブラのモデリング2 正面ワイヤーフレーム


今回はパーツが少ないので、鱗を面分割して、シェーディングの色属性を変えています。
分割しているだけなので、鱗の凸凹感がなく、のっぺりしちゃってます。
なんとなく、つやのある箱根の寄木細工っぽい感じにも見えます。

ですから、ワイヤーフレームで見ると、こんなになってしまいます。
ただ、面分割だけなので、手間はかかりますが大したものではありません。
大変だったのは顔の部分だけだったでしょうか。

頭と胴体の基本形状はRhinocerosで作成し、
各パーツの接続やフィレット、面分割等はCADEUSでやってます。

Rhinoは作成した面の制御点を割と自由に変更出来るので、
顔の部分を出っ張らせたり、凹ませたりするのに便利です。

コブラのモデリング3 側面シェーディング


ところで、Rhinoceros 5がリリースされました。
 •大容量モデリング作業を可能とする64bit-OS対応
 •グラフィック機能強化による描画速度改善、表示モードの拡充
 •ガムボールによるオブジェクト編集時の操作性向上
ということです。
さらに旧バージョン利用者には、
アップグレード版の特別価格(49,800円 通常価格72,000円)キャンペーンがあります。
(2013年2月26日までの期間限定)

4.0同様評価版のダウンロード(制限事項は4.0と同じ)も出来ます。



コブラのそれぞれのパーツについては、【続きを読む】からどうぞ。




[ 2013/01/16 20:27 ] 3Dモデル | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 V2 キャッシュバックキャンペーン

Nikon 1 V1で専用グリップとボディーケースにがプレゼントされる、
「Wプレゼントキャンペーン」がありますが(2013.2.28まで)、
V2にも「¥10,000キャッシュバックキャンペーン」が出ました。

Nikon 1 V2とマウントアダプターFT1を購入して応募すると、
全員に10,000円をもれなくキャッシュバックするというものです。
キャンペーン期間は2013.1.18~3.17となっています。

FT1」は今までのニコン用交換レンズをNikon 1で使用可能にする、
マウントアダプターで、いくつかの制約があるものの、
まだ数の少ないNikon 1専用交換レンズ群の幅を広げるアダプターとして、
私も興味を持って見ています。

しかし、こうやってキャンペーンをするということは、逆に考えると、
まだだいぶ先までNikon 1用としては交換レンズの充実はない、
ということでしょうか。

先日、2本の専用レンズの発表がありましたが、
まだまだ少ない気がします。

専用レンズでは「AF-C(コンテニュアスモード)」も使えますが、
「FT1」接続だと「AF-S(シングルモード)」だけになってしまいます。

ニコンとしても1シリーズが売れないと交換レンズも出せないでしょうから、
とりあえずは、今持っているレンズを流用して、Nikon 1で撮ってて、って事でしょう。

でも私は前からのニコンユーザーでは無いので、
ニコン用のレンズは1本も持ってないし、「FT1」の価格も高すぎ。
(だからキャッシュバック?)



ところで、今日は初雪です。
朝、雨だったので安心していたのですが、昼前から雪に変わってしまいました。
今日は「成人の日」で祝日ですが、私は祝祭日関係ないので、仕事です。
普通の靴で来たのと湿った雪のせいで、
昼に出かける時に駐車場を歩いただけで、ぐしょぐしょになりました。

最近「成人の日」に天気が悪い事が多い様な気がします。
気のせいでしょうか?
晴れ着を着るのでニュースで取り上げたのが、頭に残ってるのかも知れません。
いずれにしても新成人(特に女性)にはお気の毒としか言いようがありません。
もっとも太田市では、昨日が成人式だったようで何よりです。

私の場合、今日は祝日なので、交通量が少なくてまだいいのですが、
明日の朝が大変そうです。
3連休後の平日で、道路に残った雪の凍結の問題もあります。
それ以前に車に霜が張り付いていると、霜取りも大変です。

昔は雪が降ると何故かワクワクしたのものですが、
今はめんどくさいだけになりつつあります。年でしょうか?

下の写真は今日の昼の様子です。
祭日なので、駐車場はガラガラ。路面も白くなりつつあります。
電線にはカラスが2羽。寒そうに見えますが、彼らは寒くないのでしょうか?

130114成人の日の雪景色1  130114成人の日の雪景色2


今は雪も止んでいて、路面の状況は昼よりも良さそうです。
これなら明日の朝も大丈夫そうです。
ニュースを見ると海側の方が雪がすごかったみたいですね。

突然の雪でテーマが変わってしまい、Nikon 1 V2のキャンペーンと雪、
どっちがメインかわからなくなってしまいました。




[ 2013/01/14 21:31 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

愛車テラノのバンパーマウントブラケットが破断

昨年末の事ですが、仕事納めをして燃料を満タンにして帰ろうとした時、
ガソリンスタンドでエンジンをかけたときに妙な音。

今までに聞いてない音だったので、気にはなったんですが、
音が小さかったのと、自分の車からではないかもと思い、そのまま発車。

その後買い物をして帰るため、少し回り道。

冬なので当然窓を閉めてラジオを聞きながら運転していたら、
どこからともなく、さっき聞こえた音が… 。

信号で止まると特に大きく聞こえ、だんだん無視できない大きさに。
あまりにも変なので、ラジオを消して、窓も開けて運転しながら確認。

やはり自分の車から。
「カタカタッ、カタカタッ」と金属どおしがぶつかっているような音。
それも床下から。

なんせ古い車(平成8年製でそろそろ18万km)ですから、
どこか壊れたか、外れたかして、他の部品と干渉している疑いが強いです。
重保部品でなければいいのですが、床下から出ているだけに不安。

年末最後の土曜日ですから、修理も出来そうにありません。
買い物諦めて帰ろうかとも思いましたが、もうある程度来ているので、
今更引き返してもあまり意味がありません。

止まったときに下を見ましたが、夜で暗い為全くわかりません。
結局、途中何事も無く(ハラハラ、ドキドキ、気が気ではありませんでしたが… )、
なんとか無事家に帰ることは出来ました。

でも年明けの2日には実家に行く予定になってます。
その間どこもやってません。
仕方がないので、自分で原因だけは突き止めてみようと思います。
(そんなこと出来るかものすごく不安でしたが… )

次の30日は雨の為、家の中の掃除(大掃除と言う程ではないですが)をして、
翌31日大晦日に車の下にもぐって点検です。

よりによって、何故こんな日に、こんなことしなければいけないんだろ? 




[ 2013/01/11 20:28 ] | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 V1 Wプレゼントキャンペーン到着と S1 J3の発表

「Nikon 1 V1」を購入した時、応募者全員が、
専用のグリップとボディケースがもらえる「Wプレゼントキャンペーン」というのがあり、
それに応募したことは以前に書きました。

昨年末の29日、そのプレゼントが送られてきました。
その日まで仕事だったので、不在通知が置いてあり、
次の日に再度配達してもらいました。
応募してから2週間ぐらいだったので、ずいぶん早い気がします。


送られてきた箱と中身です。
グリップは「GR-N1000」、ボディケースは「CB-N1000SA」となっていて、
どちらもアクセサリとして通常販売されているものです。

どちらも純正とあって、価格もなかなかのもの。
自分では買う気がしないアクセサリですね(値段が安ければグリップは欲しいかも… )。

Nikon 1 V1 Wプレゼントキャンペーン 箱と内容物  Nikon 1 V1 Wプレゼントキャンペーン 内容物詳細


ところでこの「Wプレゼントキャンペーン」、
私が応募した時には期限が1月14日までだったんですが、
ニコンのホームページを見ると2月28日までと、1ヶ月以上延長されてます。
(あいかわらず、『景品がなくなり次第終了いたします』と書いてありますが… )

それと昨日(8日)、Nikon 1のニューモデル、S1J3の発表(2月発売)と、
Nikon 1用の交換レンズ2本(10-100mmは2月、6.7-13mmは3月発売)の発表がありました。

Nikon 1 J3ですが、内容を見ると性能的にはV2とほとんど同じで、
スタイルがJ1、J2と同じになってるようです(EVFとグリップがないV2?)。
ボディカラーも豊富で、V2よりもっとカジュアル使用に振っているのでしょう。

でもJ2が昨年の9月(約4ヶ月前)に発売になってるのに不思議な感じがします。
元々、V1とJ1の関係がそうだったと思うので、J2はナシにして、
V2とJ3(実際の名前はJ2ということで)でよかったのではないでしょうか?

S1はJ3の廉価版ということで出てきたようですが、
そうするとますますJ2の存在価値が薄れてきたように思えます。

J2とS1との違いはというと、
J2はパノラマが撮影やクリエイティブモードが追加されたことと、
液晶モニターが92万画素(S1は46万画素)だということ。
逆にS1は15コマ/秒(J2は10コマ/秒)の連写が出来るし、
V2などにあるベストモーメントキャプチャー機能が追加されています。
ということで、私には明確な差は見つけられません。

価格は未だ発売前なので不明な部分はありますが、それ程差がない感じ。
J2は発売時期も中途半端で、ユーザーもなんか、かわいそうですね。
今だったら、少なくとも4つの中から選べたんですからね… 。


レンズは今回2本追加されると、Nikon 1用としては全部で8本になります。
私のはWズームキットなので、既に30-110mmがありますから、
10-100mmはとりあえずパスですね。
(35mm換算で27-270mmですから、通常使用領域を1本で済むのは魅力的ではありますが)
(ちなみにDMC-TZ30は24-480mmになります、と考えるとすごいです)

6.7-13mmについても、今のところ望遠で撮る機会が多いので必要性は無いですが、
そのうち欲しくなってくるかも知れません。



プレゼントされたグリップとボディケースについては【続きを読む】からどうぞ。




[ 2013/01/09 19:44 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)