多々良沼の白鳥 -群馬県館林市- その2 +動画

さらに別の場所。
もはやハクチョウではなくなってますが… 。

オオバン。
ハクチョウを白トビしない様に撮るのも難しいですが、
この鳥の黒も難しいですね。逆光のせいもありますが、首から上がほとんど真っ黒。
目も見えません。

オーバン-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オオバン ISO1250 F5.6 SS1/2000 300mm


逆に回って撮ってみました。
首から上の細部が、だいぶよくなってますが、
逆に背中が白っぽくなっちゃってます。
目は赤っぽい茶色でした。

オーバン-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オオバン ISO800 F5.6 SS1/2000 300mm


シナガチョウ。
目の上のタンコブ?がものすごく印象的。

シナガチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
シナガチョウ ISO720 F4.8 SS1/2000 155mm


シナガチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
シナガチョウ ISO720 F5 SS1/2000 185mm


よく見ると、目はブルーです。
この鳥は1羽だけでしたが、どことなく悲しげに見えるのは気のせい… 。

シナガチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
シナガチョウ ISO720 F5.6 SS1/2000 300mm




[ 2013/02/27 20:04 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

多々良沼の白鳥 -群馬県館林市- その1

少し前になりますが、館林の「多々良沼」に行ってきました。
ここは白鳥の飛来で有名なところ。


中央部に少し突き出ている浮島。弁財天(赤い建物)があります。

多々良沼浮島-NIKON1-V1+70-300ZOOM
浮島弁財天 ISO560 F4.5 SS1/2000 70mm


冬で水が少なく、白鳥達は遠くにいます。

多々良沼浮島-NIKON1-V1+70-300ZOOM
ISO800 F4.5 S2000 70mm


白鳥-NIKON1-V1+70-300ZOOM
ハクチョウ ISO1000 F5.6 SS1/2000 300mm


これはヒナでしょうか?
まだ、羽毛が完全な白にはなってません。

オオハクチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オオハクチョウ ISO1400 F5.6 S2000 300mm


コハクチョウ。
オオハクチョウとの違いは、身体の大きさと嘴の黄色い部分の大きさだそうです。
(オオハクチョウの方が大きく、黄色が鼻先まであるのが特徴)

コハクチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM


コブハクチョウ。
すぐ近くまで来ました。
嘴の色使いが他のハクチョウと逆ですね。それに黄色というよりオレンジ色。
鼻の上が盛り上がっているのが、名前の由来です。

コブハクチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
コブハクチョウ ISO320 F4.8 SS1/1600 135mm


オナガガモ(オス)。
細身の綺麗なカモ。尾の先が尖っています。

オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(オス) ISO280 F5 SS1/1600 185mm


オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(オス) ISO100 F5.6 SS1/500 210mm


オナガガモ(メス)。
いつも思いますが、鳥のメスは地味ですね。

オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(メス) ISO400 F5.6 SS1/500 300mm




[ 2013/02/25 22:08 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

土肥(西伊豆)旅行 その2

土肥桜。
この辺だと河津桜が有名ですが、どこが違うのでしょうか。
濃いピンクが鮮やか。

130217土肥 土肥桜1


メジロが寄ってきます。
やはりこういう花には似あいます。

130217土肥 土肥桜2


少し淡いピンクの花が咲いているのもあります。

130217土肥 土肥桜3


花時計。
毎時定刻になると、音楽が流れるようです。
この時はちょうど16時で、鳴っていました。
録音している人がいました。

よく見える様に、展望台がありました。そこから撮ってます。

130217土肥 花時計


無料の足湯場。
この後温泉に入るので、利用はしなかったですが、
お湯はちょっとぬるめでした。長く入るにはいいかも知れません。

130217土肥 足湯1

130217土肥 足湯2



散策から戻って、夕食までの間、時間があったので温泉に入りました。
普段シャワーで済ませているので、温泉はいいです。
広い湯船にゆったり、時間をかけて入っていると疲れがふっとびます。




さて、いよいよ夕食です。




[ 2013/02/22 22:42 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

土肥(西伊豆)旅行 その1

先週(2/17,18)、西伊豆の土肥まで行ってきました。
写真は全てDMC-TZ30で撮影しています。
ちょっとした旅に持って行くには、やはりこのサイズが便利です。

前の晩に実家に泊めてもらい、次の日に出発です。

実家に咲いていたロウバイの花。
淡い黄色がきれいです。

130217土肥 ロウバイ1


130217土肥 ロウバイ2


伊豆は久しぶりなので、海側を行きます。雲は多いですが、まずまずの天気です。
湯河原の海岸です。昔はここで泳いでいました。

130217土肥 湯河原海岸


熱海の海岸。
一時期、ここは寂れてしまったんですが、
最近また活気が戻りつつあるようです。
リゾートマンションの購入者も増えているとの話です。

130217土肥 熱海海岸1


ちょっと南国風。
空にはトンビが舞ってます。

130217土肥 熱海海岸2


右に見えるのは、熱海城。

130217土肥 熱海海岸3




[ 2013/02/20 22:18 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

18万kmオーバー -日産テラノ-

私が普段乗っている車、日産テラノ。

先日、オドメーターが、とうとう180,000kmを超えてしまいました(下の写真)。

テラノのオドメーター 180,000オーバー


写真では180,065kmになっています。
本当はちょうど180,000kmのところで撮りたかったのですが、
いざという時に忘れてました(いつものことです)。

給油してから、ずっと計算してて、あと何日と数えていたんですが、
肝心な時に忘れてしまうのが、私のパターンです。

180,000kmと言っても、4月で丸17年ですから、
年間の走行距離はそれ程でもありません。
とはいえ、10年間くらいは通勤用に小型車に乗ってましたから、
その間はレジャー専用ということにしてました。

今年の正月には、マフラーの取り付け部が壊れたし、
今までにもエンジン回りの部品が壊れて修理した事もあります。

そろそろバッテリーもタイヤも交換しないといけません。
どちらも大型なので、かなり高いのがネック。

日産 テラノ


ブレーキローターも偏摩耗しているようで、
ブレーキを踏むとかなりブレます。
これも前回の車検時にローターの研磨をしたのですが… 。

そろそろ引退させて、後任を選ばないといけない時期に
来ているのかも知れません。




[ 2013/02/18 19:59 ] | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 Nikon 1 V1 その6

ミヤマホオジロ。
初めて会う鳥です。
目の周りは黒く、その周りに黄色が入っているのが特徴でしょうか。
頭の羽根もトサカっぽく、とがっています。

急に近くの枝に止まり、しばらくじっとしてたので、
ゆっくりと時間をとって撮影出来ました。

この日は午後3時近くに行ったので、シャッタースピードは上がりません。
それに手持ちですが、これだけ近くで落ち着いて撮れると、
ピントもバッチリでしょうか(数もたくさん撮りましたが… )。

ミヤマホオジロ1-NIKON-70-300-V1
ミヤマホオジロ ISO400 F5.6 SS1/200 280mm


ミヤマホオジロ2-NIKON-70-300-V1
ミヤマホオジロ ISO400 F5.6 SS1/200 280mm


しばらくすると、下の方に降りてきます。

ミヤマホオジロ3-NIKON-70-300-V1
ミヤマホオジロ ISO560 F5.6 SS1/125 300mm


しまいには、地面に降りて近づいてきます。
300mmだと尻尾が入らないくらいのアップになってしまいました。
ズームレンズだから、倍率を変えてもよかったのですが、
アップで撮ってみたかったので、そのままです。

夕食の時間だったのでしょうか。
私がそばにいるのこともお構いなしに、盛んに地面をつっついていました。
時折、こちらを見てます。

ミヤマホオジロ4-NIKON-70-300-V1
ミヤマホオジロ ISO800 F6.3 SS1/80 300mm


ミヤマホオジロ5-NIKON-70-300-V1
ミヤマホオジロ ISO500 F6.3 SS1/125 300mm




[ 2013/02/15 21:33 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 Nikon 1 V1 その5

最初にあったのは、
トラツグミ。
まだら模様が面白いです。

トラツグミ-NIKON-70-300-V1
トラツグミ ISO800 F5.6 SS1/500 300mm


公園から、少し山を上がってみました。
途中では、コゲラに会いました。

コゲラ1-NIKON-70-300-V1
コゲラ ISO800 F5.6 SS1/500 300mm


コゲラ2-NIKON-70-300-V1
コゲラ ISO640 F5.6 SS1/500 300mm


コゲラ3-NIKON-70-300-V1
コゲラ ISO220 F5.6 SS1/500 300mm


山の上から、遠くの山を撮ってみました。

遠くの山々-NIKON-70-300-V1
ISO100 F10 SS1/500 70mm




[ 2013/02/13 19:49 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 V1 ファームウェアバージョンアップ Ver.1.21

Nikon 1 V1のファームウェアがバージョンアップされました。
V1とJ1だけのようです。

ファームウェア が、
A:Ver.1.20 / B:Ver.1.20 から
A:Ver.1.21 / B:Ver.1.21 になるのですが、

変更内容は、
・ カメラにレンズを取り付けて電源を ON にした直後に、
 撮影時の液晶モニター、または電子ビューファインダーの表示 (スルー画) が
 動いて見えることがある現象を修正しました。

となってますが、私のカメラでは今まで気になった事はありません。
とりあえず、ニコンのサイトからダウンロードしてバージョンアップはしましたが、
変化は見られません。



ところで、最近野鳥の撮影を始めてから、V1をよく使う様になったのですが、
気になる事がいくつかあります。




[ 2013/02/11 22:32 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 Nikon 1 V1 その4

ここでもセキレイはよく見かけます。
以下、3種類のセキレイ。

ハクセキレイの2枚。
下の写真では、水を横にピューッと吐き出してます。
何をしたかったのかはわかりません。

ハクセキレイ1-NIKON-70-300-V1
ハクセキレイ ISO800 F5.6 SS1/1600 300mm


ハクセキレイ2-NIKON-70-300-V1
ハクセキレイ ISO800 F5.6 SS1/1600 300mm


セグロセキレイ。

セグロセキレイ-NIKON-70-300-V1
セグロセキレイ ISO800 F5.6 SS1/1000 300mm


こちらは初めて見るキセキレイ。
キセキレイが一番かわいく見えますね。

キセキレイ-NIKON-70-300-V1
キセキレイ ISO800 F8 SS1/640 300mm


途中で見かけた椿の花。
まだこの時期、他の花は見当たりません。

逆に木に葉っぱがないので、鳥を撮りやすいのですけど… 。

椿-NIKON-70-300-V1




[ 2013/02/08 21:38 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 Nikon 1 V1 その3

最近野鳥の撮影にはまってます。
したがって、しばらくこの状態が続きます。

今回はまた別な場所。公園です。
写真は一部を除いてトリムし、全てを1200×800にリサイズしています。


最初はマガモ(メス)。
小さな橋の下で休んでいたので、撮ってみました。
近くだったので、アップです。

マガモ-NIKON-70-300-V1
マガモ ISO400 F8 SS1/240 210mm


こちらはコガモ。
頭の茶色と紫色のコントラストと身体の模様がちょっと異様なくらい鮮やか。

コガモ-NIKON-70-300-V1
コガモ I800 F8 SS1/640 300mm


アオサギ。
かなり大きな鳥です。
ですから飛ぶと迫力があります。

アオサギ1-NIKON-70-300-V1
アオサギ ISO800 F8 SS1/4000 300mm


アオサギ2-NIKON-70-300-V1
アオサギ ISO800 F8 SS1/1000 300mm


こちらのアオサギは胸の飾り羽が見事です。
こういった飾り羽って年齢と共に増えていくのでしょうか?

なんとなく長老という雰囲気がします。
でもよく見ると、
ちょっと上目遣いのがんこな年寄りという感じもします。
しかし、目つきが悪いですね。

後ろはコサギ。

アオサギ3-NIKON-70-300-V1
アオサギ ISO800 F8 SS1/2500 300mm




[ 2013/02/06 21:03 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)