SONY ウェアラブルカメラHDR-AS30V USB給電しながらの録画

5月24日に4時間近くグライダーに乗った時、SONY HDR-AS30Vでそのほとんどの時間を録画しました。
AS30Vの場合、内蔵バッテリーだけでは約2時間しか録画出来ないのは以前確認していたので、それ以上になるとどうしても外部電源による給電が必要になります。

今までも何回かモバイルバッテリーをUSBで接続してAS30Vで撮影したことはありましたが、2時間を超えるフライトする機会が少なく給電しながらの長時間撮影はしたことありませんでした(前回3時間飛んだ時には給電してなかったので、バッテリー切れで途中終了)。ただ車載カメラとして車のシガーソケットから給電して長時間撮影したことはあります。

それで今回はちゃんと準備して、AS30VとモバイルバッテリーをUSBケーブルで接続し、機体にセットして撮影してみました。
下の写真が今回使った機材です(機体にセットした時に撮影しそこなったので、事務所の椅子の背もたれに取り付けて撮影)。

USB給電している状態を撮影してますが、拡大(クリックすると拡大します)するとHDR-AS30Vの液晶画面のなかにバッテリーの残量を表示するインジケーター(逆さまに取り付けているので液晶画面の左下に表示される乾電池の形をしたやつです)が見当たらないのがわかると思います。これは内部のバッテリーを使用してないためです(つまりUSB給電が出来てるということ)。

140530HDR-AS30V USB給電システム




バッテリーは5,200mAh USB出力2ポートで合計2Aの出力が可能なハイパワータイプ。元々はスマートフォン用に購入したものです。USBケーブルは以前使っていたのが伸びきった時にmicroUSB端子側が曲がってしまったため(自分が乗ってるグライダーのキャノピーは跳ね上げ式のため)、より丈夫そうなタイプを購入。大容量タイプなのでケーブルは太目。長さも余裕をとって1.5mにしています。充電専用ケーブルです。

充電専用ケーブルは充電及び給電時には都合がいいんですが、ファイルを読み込んだりする為には使えないので、それだけは注意が必要です。このケーブルでAS30Vをパソコンに接続した後、いつまでたってもUSB機器として認識してくれなくてあせることが時々あります。




[ 2014/05/30 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

5月24日板倉滑空場 DMC-TZ30とHDR-AS30VのUSB給電撮影

2週続けて風が強く飛べなかったので、先週末(5月24日)再び板倉に行ってきました。
この日は高気圧が日本のド真ん中にいて、風は確かに弱かったんですが、コンディションとしてはよくなさそうです。

実際先行して飛び立った高性能複座機も、思いもかけず早い時間に戻ってきてしまう始末で、飛び出すタイミングがためらわれてしまいます。昼を過ぎしばらく待ってましたが、変わる気配もないし、前回、前々回と風で飛べなかったこともあったので、今日は最低1回は飛ぼうということで1時少し前に飛び立ちました。

飛び立っては見たもののやはり条件はよくなくて、サーマルが小さくうまく中心に入れません(腕のせいが大きいですが…)。900mで離脱したのがじりじりと降下して400mになり、そろそろ着陸を考えなくてはいけなくなりましたが、ここでやっと上がることが出来ました。
とはいってもこの日の最高高度は約1,100m。なかなか上がれないきつい条件ではありましたが、なんと最終的には5時近くまで飛んで滞空時間は3時間54分でした(後もう少しで4時間越えだったので、それだけがちょっと残念)。
こんな長時間は自分としては初めての経験です。クラブの中でこの日の最長だったし、条件が悪い中で粘れたのは今後のはげみになります。

下の写真は夕方Panasonic DMC-TZ30で撮ったものです。
SONYのウェアラブルカメラHDR-AS30VでUSB給電しながら撮ってたんですが、ちゃんと撮れているのか今一不安だったので、もしだめだった場合を考えて一応撮ってみました。
HDR-AS30Vの場合、どうも内部バッテリーの時とUSB給電してる時とで、スタートボタン押したときの挙動が違うようです。
今回離陸前にスタートボタンを押して録画開始したと思ってたのですが、どうも撮影してないみたいだったので途中でもう一度スタートボタンを押してます。(もしこれが間違っていたら逆に録画をストップしたことになって肝心なところが録画されてないことになりますので、写真も撮ることにしました)
USB給電によるHDR-AS30Vでの撮影についてはまた別の機会に詳しく紹介します(しっかり3時間50分以上撮れました)。


館林方向になります。左側を流れているのは「利根川」。中央やや右側の池がつつじで有名な「つつじヶ岡公園」のある「城沼」。さらに右側が以前野鳥撮影に行った「多々良沼」になります。夕方なので西日を受けてますが、視界はあまりよくありません。
手前側の地面が四角く白く光って見えてますが、これは水田です。5月も終わりになり水を張った田んぼが増えてきました。

140524板倉滑空場 館林市内 城沼


こちらは逆側で「渡良瀬遊水池」方向になります。先日風が強かった時に写真を撮りに行ったあたりですね。
積雲がなく、低い位置に逆転層が見えます。

140524板倉滑空場 渡良瀬遊水池



[ 2014/05/28 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

QNAP TurboNAS TS-469Pro ネットワーク速度 その後

ネットワーク速度が気になっているQNAP TurboNAS「TS-469Pro」ですが、パソコン(HP製 XW6600)側のネットワークアダプターも「ジャンボフレーム」が設定出来ないオンボードタイプのものでしたので、これをもう少しいいものに変えれば多少はネットワーク速度が速くなるのではないかと考えました。

そこで新規にネットワークカードを購入することにしました。
使用しているXW6600は「PCIe x8」スロットが空いていたので、どうせなら「PCI」用のカードよりも速そうだと思い「PCIe」用のカードを探すことに。

結果、評判がよかったインテル製の「EXPI9301CT」。
CPUに負担がかからないとか、動作が安定してるとかの書き込みが多かったように思います。
ただ、同梱されているのはロープロファイル用のブラケットのみなので、ドライバー類はインテルのサイトからダウンロードする必要はあります。

 


ネットワークアダプターのプロパティ。
インテルのドライバーには「リンク速度」の中に「診断」というのもあります。

140414インテル ネットワークカード プロパティ リンク速度


「診断」には「接続」や「ハードウェア」以外に「ケーブル」というのがあり、使用してるLANケーブルに問題があるか、どの程度の品質かを判断してくれるので、いい結果が出ると安心できるし、ちょっと嬉しくなります。

140414インテル ネットワークカード プロパティ 診断




[ 2014/05/26 21:23 ] パソコン周辺機器 | TB(0) | CM(0)

5月17日大堰自然の観察室 -利根大堰- &板倉

この日は北に移動した低気圧の動きが遅く、風が強いとの予報。
でも先週も風が強くて飛ぶのをあきらめたので、今週はなんとか飛びたいとの思いで行ってきました。

行ってみたら確かに強い。聞くと「先週よりも強いかも」とのこと。
風は平均で10m/s(以上?)、ガストが最大16m/sくらいありました。

点検中の曳航機。奥の吹き流しが風の中を勢いよく泳いでます。
風速は8~10m/s、ほぼ正対風。
(Panasonic DMC-TZ30で撮影)

140517板倉滑空場 点検中の曳航機


待機中のグライダー。北には冬型の雲の配置。5月とは思えないくらいの空でした。

140517板倉滑空場 発航前のグライダー


結局風は収まりそうもないし、気流もかなり荒れてるみたいなので、自分は飛ぶのをあきらめて手伝いだけすることにしました。無理してもしょうがないですから…。
とはいっても皆さん気象情報をしっかりつかんでいるようで、ほとんど人も集まりません。




[ 2014/05/23 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

SONY BDレコーダーのリモート録画予約 -BDZ-RX50-

自分が使ってるSONYのBDレコーダー「BDZ-RX50」はモバイル端末からのリモート録画予約に対応しています。
リモート録画予約なんて普段はめったに使うことないですが、会社にいる時や外出している時に録画したい番組が出来た時や、録画予約しておきたいと思いつつ忘れていた時など、思い出した時にすぐ録画予約出来るので便利なんです。

先日、久しぶりに録画したい番組があったので、録画予約しようとしたのですが何故かエラーになってしまいました。
最初の設定で、BDレコーダーを指定しているので、予約は番組表から録画したい番組を選択して「録画予約」ボタンを押すというごく普通の操作なんですけど、何回やってもエラーになってしまいます。

自分が録画予約用に使ってるアプリはSONY製の「S-Entrance for Android」です。
このアプリ「ソニーの機器と連携するアプリケーション群のためのランチャーアプリケーション」ということで、
 1.My Sonyアプリ
 2.Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU
 3.Koe-Kara
 4.Kadecot
 5.ちょこフォトfor Life-X(7/21で掲載終了予定)
などのアプリが入ってます。

でも実際使ってるのは「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」だけです。ですからこれだけをインストール出来ればいいんですが、そうは出来ないみたいです。ただ、設定でメニュー表示が変更出来るので他のアプリは非表示にしています。

「S-Entrance for Android」の初期メニュー画面。使わない(使えない?)アプリがたくさんあります。

140513Xperia S-Entrance メニュー画面 初期


アプリの唯一の設定項目「メニュー表示の設定」。右側のチェックをはずすと「表示しない」に変わります。
「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」だけにチェックを入れ、「表示する」にしておきます。

140513Xperia S-Entrance アプリ設定  140513Xperia S-Entrance メニュー表示の編集


結果、「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」だけになってすっきりしました。
でもこれなら「S-Entrance for Android」なしで直接「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」だけインストール出来るといいんですが…。

140513Xperia S-Entrance メニュー画面 編集後




[ 2014/05/21 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

5月10日渡良瀬遊水地 その2

渡良瀬遊水地ウォーキングの続きです。

「オオヨシキリ」。
本当にいろんなところで見かけました。自分を誇示するかのように枝の先端まで登って、大きな声で鳴いてます。

140510渡良瀬遊水地 オオヨシキリ


「ホオジロ」です。
風が強く、枝が大きく動いてしまうので撮るのも大変でした。

140510渡良瀬遊水地 ホオジロ

140510渡良瀬遊水地 ホオジロ




[ 2014/05/19 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

5月10日渡良瀬遊水地 その1

5月10日渡良瀬遊水地に行ってきました。
本当はグライダーに乗りに行こうとしてたんですが、寒気が入ってるので条件は良さそうなものの、その分風も強そうだったのであきらめました。

それでPENTAX K-5ⅡsとDA★300を持って、日頃の運動不足解消も兼ねて遊水地の北側と谷中湖の周りを歩いてきました。

「ツバメ」です。いつのまにかツバメが飛びまわる季節になってますね。
でもこの日は予想通り風が強く、空を飛ぶのも大変そうです。

140510渡良瀬遊水地 ツバメ


草むらでは「オオヨシキリ」がうるさいくらいに鳴いてます。
日差しも強くかなり暑い日でしたが、この声を聞くと暑さをより一層感じます。

140510渡良瀬遊水地 オオヨシキリ


もう少しアップで撮りたいと思って近寄りますが、逃げてしまいます。

140510渡良瀬遊水地 オオヨシキリ




[ 2014/05/16 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

Panasonic HX-A500

5月13日Panasonicからウェアラブルカメラの最新機種「HX-A500」の発表がありました。

特徴としては、
1.世界初の4K30Pウェアラブルカメラ。(3840×2160/30p:最大72Mbps/VBR)
2.手元で操作可能なカラー液晶モニター(1.5型約11万ドット)を本体部に搭載
3.映像の水平方向の傾きを自動で補正する傾き補正(強/標準/切)を搭載
となってます。

140515Panasonic HX-A500


4Kそれも30Pというのが最大の特徴です。「GOPRO HERO3」も4Kでの撮影が可能でしたが15Pでした。
(もちろんフルHDでは30Pと60Pでの撮影が可能です)
30Pともなれば違和感もなく滑らかな映像が再生されると思います。
説明によると「デジタルビデオカメラ高画質モデルW850Mと同じセンサーとエンジンを搭載」とありますから、レンズ部が小型化されてはいるものの撮影画像には期待出来るのではないでしょうか。

それと通常撮影が4Kですから、スローの画素数も向上しています。
Panasonicのサイトには「ハイビジョンでのスロー撮影が可能」と書いてあるくらいで、スローモーションモードは、
  1920×1080 60fps/30p
  1280×720 120fps/30p
  848×480 240fps/30p
となってます。
自分は普段1280×720 で撮影してますから、このモードで120fps/30p(4倍)というのに興味があります。


次は液晶モニターの搭載でしょう。
自分はSONYのHDR-AS30Vを使用しているので、スマホでモニターしたり、リモコンがわりにすることも出来ますが、やはり本体にモニターがあれば便利さは格段に違うと思います。特にPanasonicのウェアラブルカメラの場合はカメラ部と本体部に分かれてますから、重量の増加もそれ程気にならないでしょうし、モニターもしやすいと思います。きっとユーザーからのリクエストも多かったのでしょう。いっそのことスマホのUSB端子に接続して使うウェアラブルカメラカメラなんてのがあってもいいかも知れません。

実際重量はHX-A100がカメラ部30g、本体部117gでHX-A500はそれぞれ31g、128gと多少増加してますが、カメラ部は変化ないと言っていいくらいだし、本体部の11g増加もこうしたセパレートタイプでは気にならないレベルかも知れません。
ただ液晶モニターが追加されたことで連続撮影時間がどう変化したかの記載が見当たらなかったのが気になります。


これ以外にもいろいろと進化してますが、詳細はPanasonicのサイトで確認してください。
機能が格段に進化して型番もA100から一気にA500となりましたが、A100のほうもファームウェアをアップデートすることで、A500に搭載された機能の一部が利用出来るみたいです(6月2日(月)13時よりアップデートサービス開始予定)。
尚、HX-A500の発売は6月中旬、現在Panasonic Storeでモニター販売の応募受付中ですが、ここでの入札下限が35,600円、上限が44,800円ですから、実売価格は上限以下の4万円+α程度かと思われます。

自分としては今のところ4Kに対してあまり魅力を感じてないので、ちょっと高いかなと思います。
現時点ではSONYのHDR-AS30Vで充分だし、上位モデルのHDR-AS100Vのほうに興味あります。

それとA100の時もそうでしたが、「HX-A500とマルチマウントのセット レンタルキャンペーン」をやってます。(2014年5月13日(火)~7月24日(木)まで)

キャンペーンもう一つ。
Panasonicは今4Kに力を入れてるみたいで、「4K対応ビエラデビューキャンペーン」というのもあります。
「期間中に4K対応ビエラとHX-A500又は4K対応1眼カメラを購入すると、3万円の商品券をプレゼント」という内容です。




[ 2014/05/15 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

5月4日 板倉滑空場 -HDR-AS30Vの撮影時間などなど-

5月連休にはグライダーに乗りに板倉滑空場に行ってきました。
5月は4、5日で行って来たんですが、あいにく天気が芳しくなく乗れたのは4日だけでした。
(5日はフライト後バーベキュー大会でしたから飛べなくても行った訳です…)

連休ということもあって自分ともう1人が参加しましたが、それぞれ1時間ほどのフライトで終わってしまいました。
下の写真は自分ではなく、もう1人のメンバーの着陸シーンです。
(Panasonic DMC-TZ30で撮影)

140504板倉滑空場 着陸前のLS4

140504板倉滑空場 着陸前のLS4


渡良瀬川の河川敷には菜の花が咲いてました。

140504板倉滑空場 菜の花


時間的にはこれより少し前の話題になりますが、4月26日に耐空検査を受けまして、今回それに合わせて計器盤回りを一新しました。




[ 2014/05/09 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

相模川 高田橋の鯉のぼり

5月の連休が終わって仕事が始まりました。
それにしても今年の連休は天気がよくなかった気がします。

4月28、29日と仕事をしてから連休に入ったので30日、5月の1日と1泊で神奈川の実家まで行ってきました。
5月の連休に実家に行くのはもはや年中行事と化してますが、へたな時期に行って渋滞にはまるといやなので、世間的には連休の中盤に当たる日を選んだ訳です。

実質の連休初日だというのにこの日は朝から雨。道路は予定通り空いててよかったんですが雨の高速はあまり気分がいいものではありません。いつもの通り圏央道を使ってますが、この道路まだ東名とつながってません。
2013年度中に「高尾山IC-相模原愛川IC」間が開通予定だったので、本当だったらつながってなければいけないのですが、工事が遅れてるようで「NEXCO中日本」のホームページを見ると開通は6月になってしまうみたいです。

圏央道と東名がつながってしまえば、わざわざ途中で降りることもなくなってしまうので、雨は降ってましたが毎年休憩してる相模川沿いの高田橋に寄ることにしました。以前のエントリでも書いてますが、ここではこの時期に沢山の鯉のぼりが飾られてます。(泳げ鯉のぼり相模川公式ホームページ

公式ホームページでは1,200匹が泳いでることになってますが、雨に濡れ元気がなく、迫力もありません。
だらりと垂れ下がり、「ショボン」としちゃってます。

140430相模川 高田橋の鯉のぼり


見物人もほとんどいなかったですね。橋を渡る車もまばらでした。

140430相模川 高田橋の様子




[ 2014/05/07 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)