三菱アウトランダーPHEV 充電口雨除けカバー作り直し

紫外線による劣化でボロボロに破けてしまった充電口の雨除けカバーですが、
耐光性のある材質にして作り直そうと思ってました。

でもなかなか適当なフィルムが見つからず、
結局同じクリアファイルを使って作り直すことにしました。

雨の日のPHEVの充電については、
公用車の充電にも使ってる東松山市役所の充電器にも屋根がなかったですし、
今まで1年以上屋根のない駐車場で充電してきた感覚では
(理論的な裏付けは全くないですが…)
台風クラスの強い雨風の時以外は雨の中でも問題なく充電出来るんだろうと、
思えてきました。

それに台風の時は雨よりも風でカバーも壊れてしまうと思いますから、
カバーあってもどっち道充電は出来ないでしょう。

だからなしでもいいだろうとも思いますが、
やはりあったほうが安心感があるのも確かです。

それで今までと形状を少し変えて、
クリアファイルの表面をコーティングして作り直したのが下の写真。
色はシルバー。

160508三菱アウトランダーPHEV 充電口の雨除けカバー




[ 2016/06/29 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

急速充電スポット -東松山市役所-

ここで充電したのは、奥多摩からの帰りなのでだいぶ前になります。
奥多摩からの帰りには「檜原村役場」で充電させてもらいましたが、
距離があるので自宅までは持ちません。

ここに急速充電器が設置されているのは以前から知ってましたが、
熊谷から東松山までは割と近く、この近くを通る場合、
出かけた時にはまだフル充電に近く、
また帰る時には、ここで時間をかけて充電するより早く家に帰りたい、
という理由から立ち寄ることがありませんでした。

でもこの時は「都民の森」の駐車場を出てる時はバッテリーが空だったのに、
そこからずっと下りが続いていたので、回生ブレーキを使って充電し、
その電気で走りながら「檜原村役場」に到着し、充電。
ですから途中一度もエンジンをかけることなくEV走行して来ました。

どんなところか知りたかったのもあるし、せっかくなので、
ここでフル充電とまではいかなくても充電して、全行程をEV走行したいと考え、
立ち寄ることにしました。


着いた時には既に雨。
役所の公用車が充電していたので、そのまま車の中で待ってましたが、
しばらくして担当者が来て、
「すみません。待ってました?」、「すぐ移動します」、
と言いながら車を移動してくれました。

160506急速充電スポット 東松山市役所




[ 2016/06/27 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 NIKON D7200 -ミヤコドリ-

「レッドブルエアレース千葉2016」は幕張海浜公園で行われたので、
多くの海鳥がやってきました。

レース中はバードストライクが起きない様に、
定期的に鳥よけの爆発音を鳴らしてますが、それでも寄ってきます。

よく見ると、潮が満ちて来ると小魚が波に乗ってやってくるんですが、
波が引いた時に時折砂浜に残されるのがいるみたいで、
そういうのを狙ってやって来てるみたいです。

よく見たのは「カモメ」や「ウミネコ」、「ウミウ」など。
それに「ダイサギ」なんかも飛んできて魚を捕ってました。

そして「ミヤコドリ」。
名前は聞いてますが、まともに見たのは初めてなので、
最初は何という鳥かわかりませんでしたが、初めての鳥なので撮ってみました。
エアレースの合間にD7200+AF-S200-500mmで撮りました。

体は黒白でシンプルですが、長いくちばしと目がオレンジで、
ピンクの脚はかなり太めでごついです。

160605NIKON D7200+AF-S200-500mm ミヤコドリ

160605NIKON D7200+AF-S200-500mm ミヤコドリ




[ 2016/06/24 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016で泊まったホテル

レッドブルエアレース千葉2016観戦の為に泊まったホテルです。

昨年は予選の当日に自宅を出て、その夜に宿泊したのですが、
今年はもっとゆっくり予選から見たいと思い、2泊しようと考えてました。
(結果的には予選は中止になってしまったのですが… )


しかしレースのチケットは早くに申し込んでいたのにもかかわらず、
泊まるホテルを予約するのをすっかり忘れてまして、
予約が出来たのはレースの約2ヶ月半前。

その頃は会場近くはもちろん、昨年泊まったホテルも既に満室状態。
しかたなく少し範囲を広げ、京葉線又は総武線の沿線で、
かつ駅から歩いて行けるホテルということで探したところ、
JR船橋駅のから徒歩7分の位置にある、「シロー」というホテルが見つかりました。
JR船橋駅には東武野田線が接続してますし、
すぐ近くには京成船橋駅もあり、京成船橋駅からは徒歩5分と便利なところです。

160604レッドブルエアレース千葉2016 宿泊ホテル シロー




[ 2016/06/22 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その7

「レッドブルエアレース千葉2016」、
海上でのイベントとマスタークラス「FINAL 4」の様子。

昨年の大会でもありましたが、
今年もエアレースの合間に海上でイベントがありました。

まず最初、
チャレンジャークラス決勝とマスタークラス「ROUND OF 14」の
間に行われたのは、「ジェットデッキ」。

水上バイクの水圧を利用して15m以上の高さまで飛び上がり、
様々な技を繰り出すスポーツ。

よく見ると手にはリモコンらしきものを持っていて、
これで水上バイクのエンジンをコントロールしてると思われます。

160605レッドブルエアレース千葉2016 ジェットデッキ


スカイツリーをバックに演技。
宙返りなんかも見せてくれました。

160605レッドブルエアレース千葉2016 ジェットデッキ

160605レッドブルエアレース千葉2016 ジェットデッキ




[ 2016/06/20 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その6

「レッドブルエアレース千葉2016」、マスタークラス「ROUND OF 8」。

「ROUND OF 8」は「ROUND OF 14」の勝者7名と、
敗者の中の最速1名を加えた8名で戦われます。
戦い方は「ROUND OF 14」の時と同じ。

「ヒート8」は「ナイジェル・ラム」選手対「ハンネス・アルヒ」選手。
「ハンネス・アルヒ」選手は「ROUND OF 14」で敗者となってますが、
タイムは「ナイジェル・ラム」選手より0.2秒程速く、どうなるかが見もの。

最初は「ナイジェル・ラム」選手。
バーティカルターンもきれいにまわり、
タイムも「ROUND OF 14」を上回る「01:05.128」。
(Nikon D7200+AF-S200-500mmで撮影)

160605レッドブルエアレース千葉2016 ROUND OF 8 ナイジェル・ラム

160605レッドブルエアレース千葉2016 ROUND OF 8 ナイジェル・ラム

160605レッドブルエアレース千葉2016 ROUND OF 8 ナイジェル・ラム




[ 2016/06/17 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その5

「レッドブルエアレース千葉2016」、5日のマスタークラス「ROUND OF 14」。

強風と高波で予選が出来なかったことで、
「ROUND OF 14」の対戦相手は第2戦までの成績で決定されます。
14位対1位、13位対2位といった具合で、下位の選手が先に飛びます。

ということで「ヒート1」では、
ランキング10位の「ピーター・ポドランセック」選手が最初に飛びます。

今年からマスタークラスに参戦した選手で、
使用機体は昨年の千葉まで室屋選手が使用していた機体。
カラーリングが違うとずいぶんイメージが違って見えます。
(Nikon D7200+AF-S200-500mmで撮影)

160605レッドブルエアレース千葉2016 ROUND OF 14 ピーター・ポドランセック

160605レッドブルエアレース千葉2016 ROUND OF 14 ピーター・ポドランセック


タイムはパイロンヒットのペナルティ3秒を含んで01:11.608。




[ 2016/06/15 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その4

「レッドブルエアレース千葉2016」、5日のチャレンジャークラス決勝レースの写真。

この日海浜幕張の駅に着いた頃には雨は上がってましたが、
晴れ間はなくどんよりした曇り空が続いてます。
ですから遠くを撮ると少し霞んでしまいます。

それと今までは1.3クロップモードで撮影してましたが、
今回は通常のDXモード(6000x4000)で撮影しています。
当然データ量は増えますし、連続撮影速度は1.3クロップモードの7枚/秒から、
DXモードでは6枚/秒になってしまいます。

でも自分の腕だと、
飛んでる飛行機をうまくとらえられないことも充分に考えられるので、
後からトリミング出来る方がいいだろうと考えました。

そして撮影枚数も増えることが予想されるので、
SDカードも「SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 64GB」を新規購入しました。
今までV2で使っていた32GBのSDカードはスロット2に予備として入れてます。

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝




[ 2016/06/13 21:32 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その3

「レッドブルエアレース千葉2016」、4日の予選レース後半の様子。

エアレース自体は中止となり、代わりに「Bエリア」のチケットでは入れない、
「パークエリア」への入場が可能となったので、午後はそちらを見てまわりました。

会場内には、レッドブルのDJブースが装備された車や、
モニターや大きなスピーカーが装備された車が置かれ、大音響で音楽を流してました。

最近は年を取ってきたせいか、大音響の音楽は音が割れて聞こえ、
若干苦手になってきてはいますが、雰囲気はなかなかです。
Nikon1 V1+1Nikkor10-30mmで撮影。

160604レッドブルエアレース千葉2016 アクティビティ DJ

160604レッドブルエアレース千葉2016 アクティビティ DJ





[ 2016/06/10 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その2

「レッドブルエアレース千葉2016」、4日の予選レースの様子。

今回はNikon D7200+AF-S Nikkor 200-500mmで飛行機の撮影。
Nikon1V1+1Nikkor10-30mm、又は1Nikkor30-110mmで、
動画及びスナップショットを撮影する予定で持って行きました。

前回にも書きましたが、4日の朝はいい天気。
10:00に入場開始。

Bエリアからの眺めはこんな感じ。
階段状のコンクリートになっていて、座り心地は抜群。
一番先頭なので、全体が見渡せます。

この時は多少風と波が強い感じはしましたが、
潮が引いていたので特に気になる程ではありません。

でも午後になると少しづつ潮が満ちてきてコンクリート部分にかかってきます。
風もさらに強くなって、サングラスが潮で曇ってくる始末。
たぶんカメラやレンズにも…。
それでもレースが中止なるとは全く予想してませんでした。
Nikon1V1+1Nikkor10-30mmで撮影。

160604レッドブルエアレース千葉2016 予選レース

160604レッドブルエアレース千葉2016 予選レースBエリア




[ 2016/06/08 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)