8月2日 板倉滑空場

今年の梅雨は長く、7月は晴れた日がほとんどないと思えるくらいでした。

8月に入って、ようやく関東も梅雨明けしたようです。

そんな訳で8月2日久々に板倉滑空場に行って来ました。この日はLS4の耐空検査飛行。

本来はもっと早い時期に実施する予定でしたが、7月が天気が悪くて飛べる日がなく、やっと梅雨が明けて晴れたこの日になりました。

朝、まだ雲が低く、降り続いてた雨の影響で滑走路のあちこちがぬかるんでます。離着陸や機体の移動など注意しなくてはいけません。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査
スマートフォンで撮影





耐空検査飛行中のLS4。
(D7200+AF-S70-300mmで撮影)

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


久しぶりの運航日なので大勢のメンバーが参加しました。

曳航の順番待ちしてるグライダーが並んでます。一番後ろの機体は1時間くらい待たされることになります。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


発航直後の曳航機とグライダー。グライダーが少し浮いた状態。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


曳航中の曳航機とグライダー。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


接地手前の曳航機。流し撮りしてみました。

曳航機はグライダーを引っ張って、上がっては下りての繰り返し。パイロットは大変です。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


タッチアンドゴーする為に進入してきたモーターグライダー。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


こちらはクラブの複座機。着陸進入中。

複座機の場合、それぞれがマスクを着用し、さらにベンチレーターを全開にして空気が入れ替わるよう飛んでますが、これからの季節熱中症にも注意が必要です。

200802板倉滑空場 LS4耐空検査


この日、朝は雲が多かったですが、次第に条件がよくなり5時間を超えるフライトをするメンバーも。クラブ機でも1時間越え続出で、乗員交代の為着陸を催促される場面があったり、皆久しぶりに楽しめた様子でした。

自分はというと、このところしばらく飛んでおらず、身体検査も切れてる状態です。こうして皆が飛んでるのを見るとまた飛びたいと思うのですが、このところのコロナ禍で病院に行くのもちょっと、という気にもなってしまいます。

関連記事
スポンサーサイト



広告




[ 2020/08/03 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL