ロンドンオリンピック 競技を見て感じたこと 

ロンドンオリンピック。
毎日熱戦が続いていて、どうしても気になって見てしまう。
おかげで次の日が寝不足になる事もしばしば。

それにブログを更新する時間もなかなか取れなし、
書く話題もオリンピックに関する話題になってしまう。
実際、オリンピックに関する記事はこれで3つ目。

テレビのニュースではメダルの獲得数が、常に話題になり、
目下のところ、日本のメダル獲得数は中国、アメリカに次いで
第3位だそうだ。
銅メダルに限ってみれば、ダントツ1位らしい。

確かに今回のオリンピックの場合、期待されていた選手が振るわず「銅」になり、
逆に期待されていなかった選手が「銅」を獲る場合が多い気がする。
でも、オリンピックの競技を見ていていつも思うのは、
その選手が実力を出せたかどうか?

もちろん「金」を獲れれば一番いいのだろうけれど、全員が目指している中、
なかなかそうもいかないのは当然の結果。
だから結果はどうであれ、その選手が自分の持っている実力(又はそれ以上)を
出せたかどうかが気になる。

競技が終わった瞬間の顔。インタビューを受けている時の顔。
悔しがる顔。喜ぶ顔。泣いている顔。
実力を出せた選手の表情は、充実していてものすごくいい。
とても美しく見える。
最近、気になっているのは、女子平泳ぎの「鈴木聡美」選手。

逆に「銀」や「銅」を獲っていても、実力が出せなかった選手は表情も暗い。
柔道もそうだし、体操の「内村 航平」選手も、団体戦では
「正直いって、4位でも銀メダルでも… 」
と、インタビューに答え、悔しさをにじませていた。


民主党の事業仕分けで、
蓮舫議員の「2位じゃだめなんでしょうか」発言が話題になったけど、
こうしたスポーツの世界でも同じで、2位じゃだめなんですよね。
2位を目指している人はいないでしょう。
結果は別として皆、1位(金)を目指しているのがよくわかります。
1位を目指すから、つらい練習にも我慢出来る訳です。


ところで、2位を目指した例がありましたね。
まあ、最終的に1位になる為の、2位狙いの戦術になる訳ですが、
女子サッカーのなでしこジャパン、女子バドミントンの韓国、中国、インドネシアのペア。
サッカーは大きな問題にはならなかったけど、バドミントンでは失格処分に。
バドミントンの場合は、時間切れによる引き分けがないから、
ああならざるを得ないのだろうけど、あれは明らかにやりすぎ。

2位を狙うことの難しさがわかる例です。
実際、手を抜かずに2位になるのは至難だと思いますよ。
1位獲れる実力がないとダメでしょう。

オリンピックが始まって半分くらい過ぎましたが、
これからも選手のいい表情が見れればと思います。

がんばれニッポン!!

関連記事

スポンサードリンク





スポンサードリンク


[ 2012/08/03 23:31 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL