2階のエアコンを20年ぶりに新しくしました その1

昨日、2階のエアコンを新しくしました。

家を建てた時に設置したエアコンなので、約20年使った(先日家の20年定期点検を受けたので)ことになります。

写真が古いエアコンで、パナソニック製。8畳用ですが特別な機能はないごく普通のタイプ。ただ隠蔽配管で室内側の壁に設置されてるのが、ちょっと特殊かも…。

211010 2階のエアコン 古いパナソニックのエアコン


エアコンを外壁側に設置するためには穴を開けなくてはならず、そうなると断熱性や気密性に多少なりとも影響が出るとの説明もあり、設置の自由度や配管が隠れるので見栄えもいいといった理由から隠蔽配管を選択したのですが、当時(20年前)は先のことを深く考えてはいませんでした。

隠蔽配管として通ってるのは、冷媒用の配管2本と、ドレーン用の配管、それに電源の連絡線。建築時に設置されてるので、交換したり追加することは基本的には不可能(リフォームなど大掛かりな工事をすれば別ですが)。なので配管等の規格が変われば使えなくなるし、そうでなくても最近の換気が出来るタイプとか掃除後のゴミを外に排出するタイプのエアコンは設置出来ないことになります。




我が家では24時間換気システム(こちらのフィルター掃除は手動です)が動いてるので、窓を閉め切っていても2時間で空気が入れ替わってます。なのでそもそもエアコンに換気機能は求めていません。ただ火は使わないようにしてるため暖房にもエアコンを使ってます。なので新しいエアコンに求めるのは安定した冷暖房能力とボックスタイプの自動フィルター掃除機能。フィルター掃除は意外と面倒なので自動でやってくれた方がありがたいです。


最近はネットで何でも購入出来ますが、エアコンは設置工事も必要だし、おまけに隠蔽配管の状況を説明する必要もあり、実店舗で購入したいと思っていたので見に行って来ました。

現在のがパナソニック製で故障もなく20年使えたし、隠蔽配管でもあることから、同じメーカー製の方が取り付けの問題も少ないのかな?という漠然とした理由で、次もパナソニック製と考えていたのですが、勧められたのはダイキン。

ダイキンもしっかりしたメーカーという認識もあったし、特にメーカーのこだわりもないし、そんなに機能も価格も違わないように思えたので、そうしようかと…。

店員さん曰く、自動掃除機能が付いたエアコンはどれも旧タイプより基本的に大きくなってるので、配管類を流用しなくてはならない隠蔽配管の場合、連絡線の長さが足りなくなる場合が多く、おまけに連絡線の継ぎ足し延長はしない規則になってるので、その場合設置出来なくなるそうです。

ダイキンの方が連絡線が短かった場合でも、パナソニックより取り付けられる可能性が高いそうです。


ただ勧められたのは「無線LAN接続アダプター」が内蔵されてないCシリーズ」。もう一つ上の「Fシリーズ」だと内蔵されているけど奥行きが少し大きくなり、配線の長さが心配なので「Cシリーズ」なのだとか。

無線LANは外出時や音声操作用に必要なのですが、Cシリーズにも後付け用「無線LAN接続アダプター」があります。ただ内臓ではなく外付けで見栄えが悪く、別売りなのでトータルではFシリーズと変わらない価格になりそうです。

無線LANがなくても今まで通りスマートリモコンで対応出来ますが、最初から音声操作に対応してるのなら、その方がよさそうに思えます。それに音声操作に対応した家電ははじめてなので、単純に使ってみたいとの思いもありました。


いろいろと検討し交渉した結果、とりあえず「Fシリーズ」を設置することにして、ダメだったら「Cシリーズ+無線LAN接続アダプター」にすることにしました。つまり現状がわからないので見てから判断をしようということです。ただ「無線LAN接続アダプター」は取り寄せになるので「Cシリーズ」にする場合、工事日程は別途調整が必要になるとのこと。


こちらは室外機。3台並んでるうち、左はリモコンを買い直したシャープ(25年物)で、中央が今回更新するパナソニック、そして右は三菱(14年物)とバラバラ。パナソニックは古い割にかなりコンパクトなので新しくすると幅が若干足りなさそうです。ただシャープを左に少しずらせば何とか収まりそうでした。

211010 エアコン室外機 パナソニックは真ん中


さて工事の手配をしたのが9月12日。そして実際に完了したのが10月10日なので1ヶ月近くかかってしまいました。やはり連絡線に問題があって、すんなりとはいきませんでした。

その2に続きます。


関連記事
スポンサーサイト



広告




[ 2021/10/11 21:23 ] AV・家電 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL