4月13日板倉滑空場 -スローモーション動画も-

4月13日(土)、板倉滑空場。
朝から晴れていて、風もそれ程強くありません。使用ランウェイは15。
写真はNikon 1 V1 30-110mmズームで撮影しています。

130413板倉滑空場 ピスト


皆さん、組み立て、点検と朝の準備で大忙し。

130413板倉滑空場 朝の準備


春になって草木が伸び始めました。草刈り機の出動も増えてきます。

130413板倉滑空場 草刈り


発航帯に並ぶグライダーの先には、タンポポの花が全開。

130413板倉滑空場 発航帯に並んだグライダー


主翼タンクに給油中の曳航機(JA4171)。

130413板倉滑空場 給油中の4171




ところで、以前ウェアラブルカメラ(Panasonic HX-A100)の
モニター販売を紹介しましたが、申し込みはしたものの、
残念ながら落選してしまいました。

せっかくなので、オリジナル迷彩カラーを
下限価格の少し高めで設定したのですが、
なんと、私の入札金額+300円で決定したということで、
誠に残念な結果。

でもモニター価格、左のAmazonの価格よりは安いものの、
期待していた程の差はなかったですね。
時間が経ったら、逆転するかも…?、といった差ですから、
評判を確かめてからのがいいかも知れません。



[▽続き]

ニューフェイスのグライダー、JA22AT。「ARCUS T」ドイツ製。
2人乗り複座 全幅20.0m 全長8.73m 最大離陸重量800kg 運動速度180km/h 滑空比50。
エンジン1基 出力22kw(6,500rpm)。
この日が初飛行。きれいな機体です。

130413板倉滑空場 22AT離陸

130413板倉滑空場 アプローチ中の22AT

130413板倉滑空場 接地直前の22AT


ニューフェイスもあればその逆も。長年クラブ機として使用していたJA2284。
3,000時間の総飛行時間まで、あと4時間少々。
3,000時間を超えると大がかりなメインテナンスが必要で、
それには機体の残存価値に対して不相応な費用がかかってしまい、
そのまま引退となります。

私もお世話になっている機体ですが、致し方ないところ。これも時代の流れ。

130413板倉滑空場 着陸直前の2284


着陸前の曳航機やグライダー。

130413板倉滑空場 着陸前の4171

130413板倉滑空場 タクシー中の40DG

130413板倉滑空場 着陸直前の58HD

130413板倉滑空場 着陸直前の800A


曳航機をNikon 1 V1のスローモーション動画で撮ってみました。
V1の通常の動画モードは3種類(「MENU」の「動画の設定」で切り替え)。
  1080/60i(1920x1080)
  1080/30p(1920x1080)
  720/60p(1280x720)
動画モードで「F」ボタンを押すと、スローモーション動画に切り替えられます。
スローモーション動画は2種類(「MENU」の「撮影速度で切り替え)。
  400fps(640x240)
  1200fps(320x120)
画面の縦横比が24:9なので、通常の16:9と比較すると、ずいぶん横長になります。
それと記録時間はどちらも5秒間(変更不可)なので、撮影のタイミングを考えないといけません。

Panasonic DMC-TZ30のスローモーション動画(以前紹介)は320x240 220fpsでしたから、
もっとスローで画面もワイドですが、縦の240は同じなのが、少々物足りないところ。

今回は400fpsで撮影しています(1200fpsでは小さすぎるので)。レンズは30-110mm。
音声は入りません(入っても意味ないですが…)。



関連記事

スポンサードリンク





スポンサードリンク


[ 2013/04/16 22:13 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL