冷蔵庫壊れる 新しい冷蔵庫の検討から購入まで

冷蔵庫が壊れて新しいのを買うというのは初めてです。通常新しい物を買う時って、何回か店に行って、品物を見て、店員さんに話を聞いて、カタログ見比べて、予算との兼ね合いを考えてといろいろやる事あって悩みますけど、それが楽しいですよね。ところが今回は全然楽しくありません。て言うか苦痛です。元々買う予定もなかったし、冷蔵庫に興味がある訳でもないので、何がいいのか、いくら位するのか全く分かりません。とはいっても、ゆっくり考える時間もありません。とりあえず、価格.comを見るとパナソニック、シャープ、日立、三菱、ハイアール(三洋)、東芝等がありました。それぞれ特長はある様ですが、やはりいいと思うものは高いですね。食材が新鮮で長持ちなんていうと、イオンがどうとか、湿度の保持がどうとかで値段も¥150,000を越しちゃいます。でも、所詮自分の使い方を考えると、そんな機能有ったって宝の持ち腐れだと思い、基本的にちゃんと冷えればそれでいいと考えました。ただ今まで使っていたのが東芝製だったので、今回はとりあえず、東芝はパスしようと思ってます。それで最終的な狙いは
 1.容量は300L~400L位の3~5ドアタイプ
 2.特別な機能はいらない
 3.値段は8万円くらい(どんなに高くても10万円以下。もちろん安ければ安い程OK)
そう決心して、いざ近くのヤマダ電機へ。

冷蔵庫売場へ行って、とりあえず一通り見てみました。やはり、大きく高いものはいろんな機能も付いて見栄えもします。種類も多いようです。でも、自分の狙い目のサイズは種類が少な目。あったのはシャープ、日立、三菱、ハイアール。そこで、予めいいと思っていた、左右どちらからでも開けるドアが売りの、シャープを詳しく見ることにしました。シャープの冷蔵庫の場所には同じ大きさで値段の違う2台が並んでいたので、店員に聞くと、1つはプラズマクラスター無し、1つは有りとのこと。店員の話を聞いていると段々プラズマクラスター有りが、よく思えてきて(いつもの悪い癖で、比べていくといい方が欲しくなってしまう)、それにこの機能って今の(東芝の)光触媒と同じ。
「あれは食品の持ちも良かったよなあ。長く使うんだからやっぱり後で後悔しない様に、いいのにしておいた方がいいよな…」などと、なるべく安い物をと思っている自分を納得させ、
「冷蔵庫壊れたんで買いに来たんだけど、これすぐに配達してもらえる?」って聞いたら
「わかりました。今調べます。」といって、手に持っている読み取り機をバーコードに。しばらくすると、
「すいません。これ在庫ないですね。次の入庫は4月27日ですね。」
「えっ?27日?27日って1ヶ月先じゃん!」どうしようもないです。そんなに待てないです。で、横にあったのがハイアール。
「ハイアールって三洋だよね。これ安いじゃない。これはどう?」って聞くと、
「安いんですけど、省エネ基準の達成率があまりよく無くて。」
データを見ると、確かに100%以上の達成はされているんですが、他メーカーに比べると低い様です。
それではと、今度は日立。
「日立の特長は?」と聞くと、
「日立は省エネをうたい文句としてはいないですが、全体的に省エネ性がいいですよ。他には真空チルドですね。」
また店員の説明を聞いてると、今度は省エネと真空チルドが気になってきました。電気代は10年前の4割くらいになってる様です。これでいいかなって思って
「これの在庫は?」と聞くと
「ああ、申し訳ありません。これも在庫切れですね。入庫は1週間後です。」
「え、また?」「じゃあ、結局、在庫あるのはどれ?」
結局、自分がいいと思うものはほとんど在庫が無い様子。どうも、3月決算後と、4月の引越し時期の関係で在庫があまり無い様です。壊れた時期が悪かったみたいですね。どれにしようか迷っていると、
「これはどうですか?」と店員が言ってきたのが、またシャープ製。しかも16万○千円の値札。
「ずいぶん高いけど、向こうのとどう違うの?」
「これはですね。新製品で、プラズマクラスター付きで、省エネ性も高いんですよ。これなら在庫ありますよ。」
16万なんて話にならないと思いつつも
「で、どれ位値引きしてもらえるの?」
「そうですね。がんばって、13万○千円ですね。それ以上は無理です。」
13万か、高いなあ。でも、いいと思うのは在庫ないしなあ、設定値の最高プラス3万だしなあ。どうせだから、いいの買っちゃおうか。だったらいっそうのこと、もっと大きい、いいやつにしちゃった方が、いいんじゃない。などといろんな考えが…。最初に決めたことなど、どこかに行ってます。こうなるとあれこれと目移りして、訳わからなくなってしまいます。考えれば考えるだけ、堂々巡り。そうならない様に、狙い目を決めて来たのに…。これはやばい、落ち着かなければ…。

いつもならばこういう時、また日をあらためてとなるんですが、今回はそうもいきません。でも店員がそばにいると、プレッシャーから、中途半端な決断をしてしまいそうなので、
「時間とらせると悪いから、少し自分で考えます。また後でお願いします」と言って、休憩所へ。頭を冷やすためにジュースを買い、飲みながら考えます。
落ち着いて自分の使い方を考えると、野菜室に入れるのはビールや醤油類だし、冷凍室には、氷と冷凍食品、冷蔵室には惣菜や飲料、だいたいこんなもんです。生の肉、魚、野菜が入る事なんて滅多ありません。それで最初に考えたとおり、高いのはもったいないからやめよう、となりました。
そう考えて売り場に戻ると、安くて在庫のあるのは、日立(265L、6万○千円)と東芝(350L、5万○千円)。東芝の方が大きい割りに安いのですが、どうして安いのか聞くとヤマダ電機オリジナルだからとの返事。安いのは魅力的ですが、省エネ性が良くないのと、東芝製ということで、結局日立に決めました。ちなみに日立の省エネ性は146%となかなかいいです。

購入手続きに入り、
「今日配送してもらえる?」と聞くと
「今日はもう無理ですね。もう予定が一杯入ってますから。明日以降になります。」と。
「明日は都合が悪いから、明後日の朝、持ってきてもらえる?」
「申し訳ありません。時間指定は出来ません。前日の18:00頃に配送時間の連絡が行きます。」
「家の冷蔵庫は引き取ってもらえる?」
「ええ、リサイクル料がかかりますけど」
「いくら?」
「¥5,325ですね」高いですが、決まりだからしょうがないと思い、
「わかった。じゃあ、全部まとめてカードでお願いします。」
「すみません。リサイクル料は現金でないとダメなんです。」(初めて知った)
結局、修理代金も含めると、全部で7万円以上かかってしまいました。

最終的に火曜日の夕方、配送設置が完了しましたが、壊れてから配送まで約5日間かかった事になります。
思いがけない出費で、とても疲れました。どうせなら、もっと別な事に使いたかったなあ!
関連記事

スポンサーリンク




スポンサーリンク


[ 2012/04/04 17:48 ] 出来事 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


まとめteみた.【冷蔵庫壊れる 新しい冷蔵庫の検討から購入まで】

冷蔵庫が壊れて新しいのを買うというのは初めてです。通常新しい物を買う時って、何回か店に行って、品物を見て、店員さんに話を聞いて、カタログ見比べて、予算との兼ね合いを考え...
[2012/04/05 13:31] URL まとめwoネタ速suru