三菱アウトランダーPHEVに決定

以前から検討していたテラノの次の車ですが、三菱アウトランダーPHEVに決めました。

マツダのCX-5(ディーゼル車にも試乗させてもらい、かなりいい車だと感じたし、価格についてもアウトランダーPHEVよりも安く、コストパパフォーマンスもいいのですが、やはりディーゼル車というのが気になりました。
次世代ディーゼルで振動も少なくトルクも充分すぎるくらいあっていいのですが、今のテラノと同じディーゼルだし、アイドリングストップからのエンジン始動も違和感あります。

そういう意味ではアウトランダーPHEVは今までの車とは(通常のハイブリッドとも)違った面白さを感じさせてくれる車だし、アイドリングストップもありません。かなり高い気もしましたが、長い間テラノに乗ってきましたから(18年半)、まあ、いいでしょ、ということで決定してしまいました。


さて問題はグレードですが、ナビが使えないとかパワーテールゲートのバーが邪魔だとか言ってた割に、ナビ付きにしてしまいました。それも「スポーツスタイルエディション」の「ホワイトパール」。
「セーフティパッケージ」だとサイドアンダーミラーが付いてしまうので「ナビパッケージ」にすることにしたんですが、どうせなら他人と少しは違ったタイプにしたいということで。

メーカーオプションには「100V AC電源」と1泊2日でレンタルした時にいいと思った「電気温水ヒーター」をつけましたが、「100V AC電源」は現在キャンペーンで無料になってますから、実質は「電気温水ヒーター」だけになります。

141024三菱アウトランダーPHEV スポーツスタイルエディション スタイリングパッケージ装着車


ほぼ上の写真と同じスタイルですから、テラノとはずいぶん違った車になったものです。
年内には納車されるようですが、いまだに充電設備の手配はついてません。

[▽続き]

ディーラーオプションはフロアマットなど以外には「スタイリングパッケージ」と「テールゲートスポイラー」を付けてます。
「シャークフィンアンテナ」はアンテナとしての性能が?なのでやめてます。
それと「バイザー」は少しだけ窓を開けて走ることはもうないし、邪魔になるのでやめました。

テラノ(平成8年登録)も思っていた以上の金額で買い取りしてもらえることになったので、よかったです。
ディーラー下取りでもメーカーから5万円の補助が出ますが、それより高く査定してもらえました。

後はグライダー&トレーラー牽引用のトーバー(ヒッチメンバー)を付けるだけです。
速く充電設備決めないと…。

関連記事

スポンサードリンク





スポンサードリンク


[ 2014/12/05 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL