元日の妻沼聖天山 2015

元日散歩の最後は妻沼聖天山です。
これも去年と同じですが、今年は財布を持ってないのが最大の違い。
去年も混んでいたので初詣はしなかったのですが、今年はしたくても賽銭のお金がないので出来ない訳です。

入口です。
去年は駐車場の方から入ってしまったので、今年は正面から。
右の柱には「武蔵妻沼郷」、左の柱には「歓喜天霊場」と彫られています。
(PENTAX K-5Ⅱs + DA18-135mmで撮影)

150101元日散歩 妻沼聖天山 入口


貴惣門。
今年もこの門をくぐった先から参拝者の列が出来てました。
自分はこの列に並ばず、脇を進みます。

150101元日散歩 妻沼聖天山 貴惣門


[▽続き]

境内には「生ビール」、「牛串焼」、「からあげ」、「やきそば」など屋台がいっぱい。
でもお金がないので何も買えません。

150101元日散歩 妻沼聖天山 屋台


名物いなりの「聖天寿し」。
ここも大勢の人が並んでました(いつもの通りです)。

150101元日散歩 妻沼聖天山 聖天寿し


食べ物屋台以外にもいろんな露店が出ています。

こちらは包丁やはさみなど、刃物を売ってる店。

150101元日散歩 妻沼聖天山 露店商


こっちはザルや籠など、竹などを編んだ物を中心に売ってる店。

150101元日散歩 妻沼聖天山 露店商


本殿前は人でいっぱい。
あたりには大きな太鼓の音が響いてます。

150101元日散歩 妻沼聖天山 本殿


よく見ると「奉納 初打奏」と書いてあり、演奏してるのは「武州天野流妻沼太鼓」とあります。
毎年恒例の様ですが、確か去年は見なかったですね。時間が違ったのかも知れません。

150101元日散歩 妻沼聖天山 奉納初打奏


本殿の中も人でいっぱいの様です。
線香の煙がたなびいていて、正月らしさを感じさせてくれます。

150101元日散歩 妻沼聖天山 本殿


最近は元日から店が開いてたりして、風情がなくなりましたが、こういうところに来ると年が明けたという気になります。
後は実家に行って、毎年同じパターンの日々が過ぎていきます。
同じことが繰り返せるというのも、それはそれでいいことです。

関連記事



スポンサードリンク


[ 2015/01/12 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL