5月2、3日 板倉滑空場

連休中は2、3日と連続で板倉滑空場に行ってグライダーを楽しみました。

2日間共天気はよく晴れてはいたものの、グライダーの飛行条件としてはあまり良くなくてトップは1,200m程。
おまけに地上は勿論のこと上空でもかなり暑く、視程もあまりよくありません。
5月というと空は澄んでいて、空気もまだ爽やかといったイメージがありますが、この日は5月に入ったばかりだというのにまるで真夏みたいな雰囲気。
最近よく思うことですが、「春はみじかし」といった感じ。
これも地球温暖化のせいなのかも… 。


下の写真は曳航中の自分の機体(高度は870m)。
連休中なので参加者も多く、その分発航機体が多い為、単座機はディモナ(モーターグライダー)で曳航。
遠くの景色が霞んでるのがわかるかと。
(SONY HDR-AS30Vで撮影した動画からの抜き出し)

リクエストはみかも山、高度3,000FT(900m)。

150503板倉滑空場 ディモナで曳航


[▽続き]

この日の最高高度地点。
中央の大きなメーターが高度計で約1,200mを指示。

150503板倉滑空場 3日の最高高度


旋回中に曳航機とグライダーが通過(画面左側)。
高度差はかなりあります。
条件があまりよくない(高度が稼げない)ので遠くまで行けず、近くにグライダーが集まることに。

150503板倉滑空場 旋回中に下を曳航されるグライダー


着陸の少し前。

結局2日は2時間34分。3日は2時間18分のフライトでした。
暑いし、滞空するのも根性いるし、めげてしまいました。
でも2日間の合計で4時間52分。自分としては頑張ったほう。

150503板倉滑空場 着陸手前


ところでアウトランダーPHEVにヒッチをつけてから、トレーラーとの写真は撮ったけどグライダーとの写真を撮ってないことに気がついたのでグライダーの写真を撮ってみました。

こんな感じになります。

グライダーにウィングドーリーとテイルドーリーを装着し、テイルドーリーにトーバーをつけてPHEVと繋げます。
この状態でナインナップしたり、着陸地点からリトリーブしたり、大いに役立ってます。
当然グライダーはトレーラーよりも軽いので牽引は問題なし。
ヒッチボールの高さも問題なしということで全てOK。
(写真はPanasonic DMC-TZ30で撮影)

150503板倉滑空場 グライダーを牽引するアウトランダーPHEV

150503板倉滑空場 グライダーを牽引するアウトランダーPHEV

150503板倉滑空場 グライダーを牽引するアウトランダーPHEV

150503板倉滑空場 グライダーを牽引するアウトランダーPHEV

関連記事



スポンサードリンク


[ 2015/05/11 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL