急速充電スポット -秩父地場産業センターのその後-

秩父に桜を見に行った帰り、
2月の終わりに行った「秩父地場産業センター」にまた寄ってきました。

4月から有料になるということでしたが、NCSに対応する訳でもなさそうだし、
1回当たりの充電料金が今までの最安値の200円になる。
などと気になる内容でした。

はたしてどうなっているのか?
認証方式は?
24H対応?

前回と同様に駐車場に入ります。
駐車場の係員に充電したい旨を伝え、充電エリアを開けてもらって、
充電器の前に停車させます。
ここまでは前回と全く同じ。

充電器。
赤字で「有料」と書かれてます。
上の方には張り紙が。

「急速充電は4月1日から有料となりました。
地場産センターレジにて充電料金をお支払いし、係員にレシートをお見せください。
   充電1回200円  秩父市環境立市推進課    」

と書かれていて、200円はいいのですが、
別なところで先に支払いをしないといけません。
それにカード認証でもなさそう。

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター


[▽続き]

充電料金を支払うのはこの中。物産館のレジ。
支払う時レジの女性に「充電時間はどれくらい?」とか、
気になることをいくつか質問しましたが、まともな答えは帰ってきませんでした。
ただ時間については17:30までに充電が終了しなくてはいけない。
とのことでした(早やすぎる)。

そして「係員が行くのでレシートを見せてくれ」と。

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター


車に戻って駐車場の係員に聞いたら、
自分は何も出来ないので、別の担当者が来るからそれまで待っててくれと。
前回は駐車場の人がプラグの接続から充電スタートまでやってくれたのですが…。

おまけに来るまでにしばらく時間がかかりました。
駐車場の人曰く、自分の前に充電した人も待たされて、少し不満を漏らしてたとか。
ここに係の人がいるのに、何故別な人が来る必要があるのかわかりません。

来たのはこの人。センターの職員みたいです。
この人も内容はよくわかってないみたいでした。

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター


充電開始直後の液晶画面。
残り時間が59:43となってます。
最初の表示で80%設定になってましたから、
充電率80%までで、時間は最大1時間という設定だと考えられます。
ということで「リーフ」等バッテリー容量が大きいEV程有利ということになります。
(コストパフォーマンスが高い)

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター


充電中に駐車場係の人と話しましたが、
カード認証にしなかったのは費用の問題からだとか。
認証の設備をすると1回200円では採算に合わないのだとか。
カード認証にして24H化すれば、人件費は無くなるし利用者も増えるとは思えますが、
当然その分初期費用はかかります。

ということで、やってることは今までと変わってません。
役所がやってるので、利用時間も今までと同じ。
ただ有料化され、手間が増えた。それだけ。

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター レシート

  ちなみにこれがレシート。
  急速充電利用料金とあります。



実際今まで利用者からアンケートをとってたので、
結果的にそれ程の利用数が期待出来なかったのかも。
確かに自分も200円だったから充電した訳で、300円だったらためらいます。
実際イオン(300円)ではもう充電してませんし。

そしてこれが、充電完了後の液晶画面。
充電時間は20:32.電力量は5.25kWh。
80%まで20分間なのでそれ程待たずにすみました。

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター


80%充電でEV航続距離が37kmになりました。
これだとガソリン2L以上分(表示km分走るとして)。
なので現在のガソリン価格でも充電した方がHV走行より安いことになります。

この日の気温はディスプレイに21℃と表示されてるように暖かく、
熊谷までは下り傾向なので、充分にEV走行で帰ることが出来ました。

もう少し長い時間利用出来るとありがたいですが、
200円という金額を考えるとしかたないかとも思います。
またこの辺まで来た時には利用してみたいと思います。

160409急速充電スポット 秩父地場産業センター


こちらは前回撮らなかった秩父鉄道秩父駅の中。
桜のシーズンということもあってか、かなり賑わってました。

160409急速充電スポット 秩父鉄道秩父駅

関連記事



スポンサードリンク


[ 2016/04/20 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL