2年に一度の特定操縦技能審査

関東地方は梅雨が明けましたが、
このところ変な天気が続いてます。

ずっと猛暑日が続いたかと思えば、
このところはまた梅雨に戻ったような、
雨模様の天気になってます。

そんな天気でも荒川上流の秩父の方は雨が少なく、
ダムの水量が例年より少なくなって、取水制限ななってます。


グライダー(他の航空機でも同じですが)の操縦には、
2年に1度「特定操縦技能審査」があって、
これに合格しないと機長として操縦が出来なくなります。

車の運転免許の更新と似たようなもので、
こちらは19日に「ゴールド」ではなく「ブルー」でしたが、
講習を受け無事に更新出来ました。

そしてグライダーの方は23日を予定してたのですが、
あいにくの天候不良。

いろいろと準備(車の免許更新程楽ではありません)をして行きましたが、
視程は確保出来ましたが雲高が低く、審査用のフライトは出来ない状態。

先に書類や口述審査を進めてましたが、
雨が降り始めてきて、よくなる気配もなさそうなので、
中止と判断しました。

なので、今週末再度実技審査を受けなくてはなりません。

緊張するタイプなので一気に全部やった方がすっきりして良かったのですが、
こればかりは仕方がありません。

170726特定操縦技能審査
写真と本文の内容とは関係ありません

関連記事

スポンサードリンク




スポンサードリンク


[ 2017/07/26 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL